【記述師文庫堂について】〈記述師文庫堂〉とは何か?

版元営業マンの「記述師」が、読了本を順々に掲載しています。

最新記事は、ひとつ下のエントリからです。

【記述師文庫堂について】はコチラ↓


最初は版元営業ネタでいくブログにしようかとも思ったのですが、哀しいかな、顔出しの勇気のないチキン営業マンとしては、書店さんを誉めるしかないし、勝手に紹介するわけにもいかないし……面白くもなんともないので、読了本レビューブログに格下げしました。

基本的に読んだ本(コミックを除く)をすべて掲載します。

作品がダメなら監督個人を誉め、監督個人がダメ人間なら俳優を誉め、俳優がダイコンなら脚本を誉め、脚本がムチャクチャならカメラワークを誉め、カメラワークがダメなら作品背景を誉め、作品背景にもたいした話題がないなら……え~と、と、とにかく最期まで『誉め』の姿勢を崩さなかった映画界の巨星淀川長治氏に倣い、本を誉めるブログにしたいと思います。豊崎由美氏が常々おっしゃっているように、個人の匿名ブログで本を貶して何になる!

偶然立ち寄った方々がこの本読みたい!と思ってもらえるようなブログにできればいいなと。

といいつつ、チョコチョコ貶してますが……そこはまだ書評師としてはガキということで……。