読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読了本ストッカー:全国の悩める小学生にひとり一冊!……『お父さんが教える読書感想文の書きかた』赤木かん子/自由国民社


2015/3/1読了。

親として、子どもに読書感想文を教えなきゃいけない場面があると思いますが、おそらく、この本を超えるものはないんではないかあ。

進研ゼミとかにも読書感想文の特集があるんですが、薄いんですよねぇ。

赤木かん子氏は「感動した本を選ぶ必要はない」と言います。「感動した本の感動したことを他者に伝えることは、プロでも難しい」からです。
かといって、単純に技術オンリーで切り抜ける本と違うのは、「こんなこと(強制的読書感想文)で本を嫌いにならないで欲しい」という赤木氏の気持ちがこもっているからではないでしょうか?