読了本ストッカー:古典名作のブックガイド……『ミステリ絶対名作201』


2014/1/2読了。

『ミステリ・ベスト201』と違い、古典名作のブックガイドです。
「時の流行や環境に左右されず、いつ読んでもおもしろく読める作品」とのことです。

『ビッグ・ボウの殺人』 イズレイル・ザングウィル 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『赤毛のレドメイン家』 イーデン・フィルポッツ 東京創元社 創元推理文庫
『八点鐘』 モーリス・ルブラン 新潮社 新潮文庫
『試行錯誤』 アントニイ・バークリー 東京創元社 創元推理文庫
料理長が多すぎる』 レックス・スタウト 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『迷宮課事件簿#01』 ロイ・ヴィカーズ 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『迷宮課事件簿#02百万に一つの偶然』 ロイ・ヴィカーズ 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『迷宮課事件簿#03老女の深情け』 ロイ・ヴィカーズ 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『英雄の誇り』 ピーター・ディキンスン 早川書房
『ガラスの鍵』 ダシール・ハメット 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『大当たりをあてろ』 A・A・フェア 早川書房
『脱獄九時間目』 ベン・ベンスン 東京創元社 創元推理文庫
『ニューヨークの野蛮人』 ノエル・クラッド 早川書房
『深夜特捜隊』 デビッド・グーディス 東京創元社 創元推理文庫
『笑う警官』 マイ・シューヴァル/ペール・ヴァールー 角川書店 角川文庫
『A型の女』 マイクル・Z・リューイン 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『ディミトリオスの棺』 エリック・アンブラー 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『疑われざる者』 シャーロット・アームストロング 早川書房
『大時計』 ケネス・フィアリング 早川書房 ハヤカワ文庫HM
水平線の男』 ヘレン・ユースティス 東京創元社 創元推理文庫
『午後の死』 シェリイ・スミス 早川書房
『五人対賭博場』 ジャック・フィニイ 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『夜に消える』 ハワード・ブラウン 早川書房
『メグストン計画』 アンドリュー・ガーヴ 早川書房
『ギャラウェイ事件』 アンドリュー・ガーヴ 早川書房
『北極基地/潜航作戦』 アリステア・マクリーン 早川書房 ハヤカワ文庫NV
『小人たちがこわいので』 ジョン・ブラックバーン 東京創元社 創元推理文庫
『リンガラ・コード』 ウォーレン・キーファー 角川書店 角川文庫
サブウェイ・パニック』 ジョン・ゴーディ 早川書房 ハヤカワ文庫NV
『ルウィンターの亡命』 ロバート・リテル 早川書房 ハヤカワ文庫NV
『きみの血を』 シオドア・スタージョン 早川書房
『殺人同盟#01懐かしい殺人』 ロバート・L・フィッシュ 早川書房 ハヤカワ文庫HM
『十二人の評決』 レイモンド・ポストゲート 早川書房
『真っ白な嘘』 フレドリック・ブラウン 東京創元社 創元推理文庫
『法廷外裁判』 ヘンリー・セシル 早川書房 ハヤカワ文庫HM
シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険』 ニコラス・メイヤー 扶桑社 扶桑社文庫