読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読了本ストッカー:『私を知らないで』白河三兎/集英社文庫

私を知らないで (集英社文庫) [文庫]白河 三兎集英社2012-10-192015/2/25読了。

読了本ストッカー:『武士道エイティーン』誉田哲也/文春文庫

武士道エイティーン (文春文庫) [文庫]誉田 哲也文藝春秋2012-02-102015/2/9読了。 『シックスティーン』『セブンティーン』と甲本(西荻)早苗と磯山香織の一人称で進んできたこのシリーズ(『セブンティーン』で、他の人物からの視点に代わると予想してた…

読了本ストッカー:『武士道セブンティーン』誉田哲也/文春文庫

武士道セブンティーン (文春文庫) [文庫]誉田 哲也文藝春秋2011-02-102015/2/9読了。 文字通り、『武士道シックスティーン』の続編。 前書で福岡に引っ越すことになった早苗。ラストの一幕に別の意味を持たせるミステリ的導入です。 これ、もともと考えてた…

読了本ストッカー:傑作青春小説!……『武士道シックスティーン』誉田哲也/文春文庫

武士道シックスティーン (文春文庫) [文庫]誉田 哲也文藝春秋2010-02-102015/2/4読了。 中学生にして武士語(?)を話し、『五輪書』を愛読する剣道全中準優勝、磯山香織。 全中で優勝できなかった鬱憤を晴らすべく出場した市民大会で、無名の選手にまさかの…

読了本ストッカー:まさかの?小説でした!……『古書狩り』

古書狩り [単行本]横田 順弥ジャストシステム1997-032014/7/2読了。 『古書狩り』……このタイトルや「古書奇譚」「小沢さんの話」などの目次みたら、誰だって古書ノンフィクションだと思うじゃないかーッ! ま、まさか……小説集だとは……! そんなわけで、「文…

読了本ストッカー:初井上荒野……『静子の日常』

静子の日常 (中公文庫) [文庫]井上 荒野中央公論新社2012-06-232013/5/30読了。

読了本ストッカー:こ、こんな青春送りたかった~……『レヴォリューションNo.3』

レヴォリューション No.3 (角川文庫) [文庫]金城 一紀角川グループパブリッシング2008-09-252013/5/17読了。

読了本ストッカー:窪塚洋介と柴咲コウのイメージでしか読めない……『GO』

GO (角川文庫) [文庫]金城 一紀角川書店2007-062013/5/16読了。 何度も何度も立ち読みしたし、映画もみたんだけど、ようやく買いまして再読。 それにしても、面白いな!

読了本ストッカー:これは五つ星!……『映画篇』

映画篇 (集英社文庫) [文庫]金城 一紀集英社2010-06-25 2012/11/9読了。 おおおお面白い! 金城一紀氏の短編集は、『対話篇』も読みましたが、断然こっちが好み……好みすぎる(笑)。 連作短編とまではいえないけれど、微妙なリンク具合もまた、好ましいし。何…

読了本ストッカー:敗者がどう生きるか?……『船に乗れ!#03』

船に乗れ! Ⅲ (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫]藤谷治ポプラ社2011-03-04 2012/10/31読了。 もう辛すぎる展開……。 しかし、学生時代にのめり込んだものに対する「敗者」がどう生きるかを描いた物語とも言えますね。

読了本ストッカー:衝撃の展開!……『船に乗れ!#02』

船に乗れ! Ⅱ (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫]藤谷治ポプラ社2011-03-04 2012/10/30読了。 ラブリーな青春バリバリっな感じだった一巻から、なぜこんなにブラックな物語になってしまうのか?という感じの驚愕の第二巻。

読了本ストッカー:音楽青春小説の傑作!……『船に乗れ!#01』

船に乗れ! Ⅰ (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫]藤谷治ポプラ社2011-03-04 2012/10/26読了。 傑作(と、もう書いちゃいます!)音楽青春小説三部作『船に乗れ!』スタートです。 音楽一家に生まれ、自身もチェリストを目指す主人公が、一流音楽高校受験に失敗し…

読了本ストッカー:ホラーじゃなかった?……『少年』

少年 (ハヤカワ・ミステリ文庫) [文庫]ロアルド ダール早川書房2000-04-30 2012/6/22読了。 どうやら、マキャモンの『少年時代』か、オーソン・スコット・カードの『奇跡の少年』と混乱してたみたい……ですなー。

読了本ストッカー『剣と花㊦』

剣と花 (下) (講談社文庫) [文庫]立原 正秋講談社1978-09 2011/11/4読了。 淀野房江(幹次郎の見合い相手) 名取義孝(佐倉の門人) 石津武一郎 清子(武一郎の妻病没) 長男・信一郎(石津産業社長) 由美子(信一郎の妻) 野川健一(由美子の愛人) 信広(…

読了本ストッカー『剣と花㊤』

剣と花 上 (講談社文庫 た 3-4) [文庫]立原 正秋講談社1978-09 2011/11/2読了。 初・立原正秋作品です。 石津武一郎 清子(武一郎の妻病没) 長男・信一郎(石津産業社長) 由美子(信一郎の妻) 野川健一(由美子の愛人) 信広(信一郎の長男) 信定(信一…

読了本ストッカー『FUTON』

FUTON (講談社文庫) [文庫]中島 京子講談社2007-04-132011/10/31読了。 突然『蒲団』なんかを読んだのは、このためでした。初・中島京子作品。 読みはじめてすぐに……お、面白いと直観! 東京の下町・鶉町で蕎麦屋を営んでいたウメキチ95歳。その息子で蕎麦屋…

読了本ストッカー『蒲団・重右衛門の最後』

蒲団・重右衛門の最後蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫) [文庫]田山 花袋新潮社1952-03-182011/10/26読了。 「蒲団」「重右衛門の最後」の二短編を収録した短編集です。 紅野敏郎氏の手による注解が……なんだか面白い。「この作品の終末の部分の伏線とみられる…

読了本ストッカー『本格小説㊦』

本格小説〈下〉 (新潮文庫) [文庫]水村 美苗新潮社2005-11-27 2010/11/1読了。

読了本ストッカー『本格小説㊤』

本格小説〈上〉 (新潮文庫) [文庫]水村 美苗新潮社2005-11-27 2010/10/28読了。

読了本ストッカー『ハルカ・エイティ』

ハルカ・エイティ (文春文庫) [文庫]著者:姫野 カオルコ出版: 文藝春秋(2008-10-10) 2010/5/13読了。 姫野カオルコ氏のワザが効きまくっている長編です。 アマゾンみると、結構辛口なレビューが多いんだなぁ。『ツ・イ・ラ・ク』と並ぶ傑作だと思うんですが…

読了本ストッカー『思いちがい辞典』

思いちがい辞典 (ちくま文庫)著者:別役 実販売元:筑摩書房(1999-01) 2009/11/4読了。 本の雑誌>11月号に、雑文家番付が掲載されていました。う~ん、面白そうだけど、とても手が回らないなあと思っていたのですが……。ちょうど本書が出てきたので、まあ雑文…

読了本ストッカー『自転車少年記-あの風の中へ-』

自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫)著者:竹内 真新潮社(2006-10)2009/9/8読了。うぉぉーッ自転車乗りてぇぇーッという気持ちにさせてくれる本書。なんだか単行本も読んでみたくなっちゃったなあ……。記述師のうちには現在自転車が2台。残念ながらどちらも…

読了本ストッカー:『リトル・バイ・リトル』

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)著者:島本 理生講談社(2006-01-13)2009/8/4読了。これはなんで読んでみようとおもったのかなあ……表紙が印象的だったからでしょうか?高校を卒業し、アルバイト生活を送るふみは、母親と異父妹の3人家族。彼女の生活が坦々…

読了本ストッカー:『スパイダー』

スパイダー (ハヤカワepi文庫)著者:パトリック マグラア早川書房(2002-09)2009/7/31読了。<信頼出来ない語り手>を意識して読んでしまったので……『日の名残り』ほど楽しめませんでした……。ま、楽しめる話じゃないんですけど……。巻末解説によると、語り手を取…

読了本ストッカー『モデラートで行こう♪』

モデラートで行こう (ポプラ文庫ピュアフル)著者:風野 潮ポプラ社(2010-03)2009/7/24読了。吹奏楽部って、憧れますよね~(憧れない?)。見た目にそぐわない万年体育会系だった記述師としては、文科系部活に憧れるのです。吹奏楽小説の傑作と聞いていた(…

読了本ストッカー:『古道具中野商店』

古道具 中野商店 (新潮文庫)著者:川上 弘美販売元:新潮社発売日:2008-02 2009/6/14読了。 さてさて、いよいよ記述師の苦手な現代日本小説の番がやってまいりました! でも、久々に面白かったです。ジャンル小説以外では久々(しつこい)に。古道具屋を営…

読了本ストッカー:本日も収穫アリ……『夜の姉妹団』

夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇 (朝日文庫)販売元:朝日新聞社発売日:2001-05 2009/5/11読了。 ◆「夜の姉妹団/スティーヴン・ミルハウザー」 ……思春期の少女たちが集う(と思われる)秘密結社(と言われる)<夜の姉妹団>。少女たちは夜な夜な集い…

読了本ストッカー:親と子の小説として……『PAY DAY!!!』

PAY DAY!!! (新潮文庫)著者:山田 詠美販売元:新潮社発売日:2005-07 2009/5/1読了。 本書は豊崎由美氏のブックガイドで知りました。山田詠美氏の既読本は『色彩の息子』『ラビット病』『ぼくは勉強ができない』『アニマル・ロジック』。実はあまり読んでい…

読了本ストッカー:相変わらず素晴らしい文章です……『タマや』

タマや (河出文庫)著者:金井 美恵子販売元:河出書房新社発売日:1999-06 2009/3/12読了。 久しぶりの金井美恵子作品。いわゆる<目白四部作>は、『小春日和』『文章教室』を読んでから中断していました。というか見つからなかっただけなんですけど。 本書の…

読了本ストッカー:きゃー!恥ずかしい!……『吉野北高校図書委員会』

吉野北高校図書委員会 (MF文庫ダ・ヴィンチ)著者:山本 渚販売元:メディアファクトリー発売日:2008-08-21 2009/3/3読了。 数時間で読めました……。主人公のひたむきさがまぶしすぎる……汚れちまったぜ。

読了本ストッカー:鏡で自分の姿を見るように……『アメリカの夜』

アメリカの夜 (講談社文庫)著者:阿部 和重販売元:講談社発売日:2001-01 2009/2/24読了。 『ABC戦争』で挫折したようなしなかったような……なんだか。<ザ・現代文学>という感じで苦手なんですが、『シンセミア』を読む前に、と思いまして。しかし、とかそう…

読了本ストッカー:なにもない、ことの異常……『秘事・半所有者』

幼児狩り (1978年)クチコミを見る秘事・半所有者 (新潮文庫)著者:河野 多恵子販売元:新潮社発売日:2003-02 2009/2/8読了。 なんで読もうと思ったのか、忘れてしまいました。調べてみると、『ダ・ヴィンチ2008年5月号』で、川上弘美氏が次のように書いてい…

読了本ストッカー:青春じゃのう……『ぼくは悪党になりたい』

ぼくは悪党になりたい (角川文庫)著者:笹生 陽子販売元:角川書店発売日:2007-06 2009/1/8読了。 主人公の兎丸エイジは、シングルマザーの母親と小学生の弟と暮らす高校2年生。複雑な家庭環境だけど、明るく生きるちょっとクールな少年、という良くある設…

読了本ストッカー:ミステリか?世界文学か?……『予告された殺人の記録』

予告された殺人の記録 (新潮文庫)著者:G. ガルシア=マルケス販売元:新潮社発売日:1997-11 2008/12/22読了。 ガルシア=マルケス作品は、『族長の秋』に次いで2冊目。改行もなく、かぎかっこもなかった『族長の秋』に比べればむちゃくちゃ読みやすいです。 …

読了本ストッカー:傑作恋愛小説……『ツ、イ、ラ、ク』

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)著者:姫野 カオルコ販売元:角川書店発売日:2007-02おすすめ度:クチコミを見る2008/11/14読了。 こ、これはすごい……絶句の恋愛小説です! 記述師の姫野作品履歴は『変奏曲 (角川文庫)』くらいで止まっていまして、最近は若干エ…

読了本ストッカー:直球青春巨篇……『黄色い目の魚』

黄色い目の魚 (新潮文庫) 佐藤多佳子新潮文庫2008/10/8読了。 佐藤多佳子氏作品は初めてです。<ダ・ヴィンチ>なんかでよく見かけていたので、読んでみました。 村田みのりはイラストレーターの叔父を持つ高校生。木島はサッカー部に所属する高校生。木島は、…

読了本ストッカー:『蟹工船』よりこっちを読んで楽しくなろう!……『ボートの三人男』

ボートの三人男 (中公文庫) ジェローム・K・ジェローム 中公文庫 2008/8/21読了。 『犬は勘定に入れません…あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』とか、ラヴゼイの『絞首台までご一緒に (ハヤカワ・ミステリ文庫)』とか、本書を本ネタにした作品が多数あ…

読了本ストッカー:自分の中の<こども>と、そして現実のこどもと向きあう本……『氷の海のガレオン/オルタ』

氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫) 木地雅映子 ピュアフル文庫 2008/7/1読了。 新刊『悦楽の園』の出版時、<ダ・ヴィンチ>で紹介されていて、知りました。なんだか面白そうだったため購入。 表題作「氷の海のガレオン」の主人公は、<自分を天才だと…

読了本ストッカー:アメリカの舞城王太郎、コラゲッサン・ボイル。……『ケロッグ博士』

ケロッグ博士 T・コラゲッサン・ボイル 新潮文庫 2007/12/21読了。 『翻訳文学ブックカフェ』で知ったT・コラゲッサン・ボイル。この時ボイルについて語っていたのは青山南氏だったのですが、本書の訳者は柳瀬尚紀氏。唯一の文庫作品『ケロッグ博士』を買っ…

読了本ストッカー:ド真ん中青春小説!(久しぶり)……『楽園のつくりかた』

楽園のつくりかた (角川文庫) 笹生陽子 角川文庫 2007/11/22 読了。 ややこしいのばかり(?)読んでいたのでこの辺でヤングアダルトを。帰りの電車と家とでさっと読み終わりました。これ、なんで読もうと思っていたのか・・・まったく覚えがないのですが。 …

読了本ストッカー:これが<信用できない語り手>か!……『日の名残り』

日の名残り カズオ・イシグロ ハヤカワepi文庫 2007/10/2読了。 というわけで、偶然ですが『翻訳文学ブックカフェ』に登場した土屋政雄氏の訳した『日の名残り』です。 ダーリントン・ホールの執事として、戦前からダーリントン卿に仕えてきたスティーブンス…

読了本ストッカー:ジャケ買いはするもんじゃない。……『二十一の短編』

二十一の短編 ハヤカワepi文庫 グレアム・グリーン ハヤカワepi文庫 2007/4/2読了。 初の〈グレアム・グリーン・セレクション〉です。『第三の男』を探していたのですが、本書を見つけちょっと買ってみました。こういう色使いの表紙、好きなんです。 グレア…

読了本ストッカー:大人に読ませとくのはもったいない、本。……『月の砂漠をさばさばと』

月の砂漠をさばさばと 北村薫/著 おーなり由子/絵 新潮文庫 2007/3/25読了。 記述師の自宅では、本棚のある4畳半は本棚に入りきらない文庫本が積んでありまして、そこは娘の獣道(笑)となっております。その山の中から娘が散歩がてら(?)拾ってきたのが本…

読了本ストッカー:現代版『ニューロマンサー』…… 『The S.O.U.P.』

The S.O.U.P. 川端裕人 角川文庫 2007/3/9読了。 川端氏の作品は『夏のロケット』に続いて2冊目。プログラマの周防巧は引きこもり気味のリアルハッカー。経済産業省商務情報政策局の小杉礼子からの依頼により「ネットの秩序は、ネットより生まれる。あらゆる…

読了本ストッカー:引きこもり小説のバイフル?……『NHKへようこそ』

NHKにようこそ! 2006/12/7読了。 は~、主人公のダメダメぶりにすごい凹む・・・。滝本竜彦・・・最近見ない(ですよね?)けど、なにしてるんだろ(汗)

読了本ストッカー:愛について考える一冊。……『かっこ悪くていいじゃない』

かっこ悪くていいじゃない2006/9/7読了。 「人は時として自分の性的魅力には目をつぶって“愛”を振りかざしておのれをアピールしようとする。自分の魅力に自信がない者に限って、そのような傾向がある。ストーカーなんて、まさにその代表だ。(中略)こんなに…

読了本ストッカー:加藤文太郎、山に生きる。……『孤高の人㊦』

孤高の人 (下巻) 2006/9/7読了。 相変わらず「山」と「社会」との間で抗う文太郎。才能に溺れる人間ではなく、非常に合理主義者。立ったまま食べられるように携帯食を自分で改良したり、他人のラッセル跡も利用するし、山小屋も利用します。山小屋を使うのな…

読了本ストッカー:加藤文太郎、山に登る。……『孤高の人㊤』

孤高の人 (上巻)2006/9/6読了。 不世出の登山家・加藤文太郎の人生を描く山岳小説。加藤は神港造船所の技術研修生として働きながら、教官の外山三郎に誘われて山歩きを始めます。全てを山にかけるその姿勢は、きちんと仕事をして誰にも迷惑がかからないよう…

読了本ストッカー:高学歴ニートVS芸術家ニート!……『私小説 from left to right 』

私小説 from left to right 2006/8/23読了。 『本格小説』がとても面白いと聞いて、その前段階として購入しました。手に入れてみると、ブックオフでちょくちょく見かけていた本でした。 横書き・英文混じりの文章というイメージから、バイリンガル自慢の若者…

読了本ストッカー:舞城万歳!(豊崎由美氏とともに)……『阿修羅ガール』

阿修羅ガール 2006/8/2読了。 デビュー作『煙か土か食い物』でガツンとやられた舞城王太郎の文庫読了2作目です。全然作品が文庫化されないので、待ってました~って感じ。ストーリーはなんとも説明できない感じですが(汗)、女子高生アイコの愛と恋と青春の…