読了本:時代小説/歴史小説

読了本ストッカー:『新装版#悪霊列伝』永井路子/角川文庫

悪霊列伝 (角川文庫) [文庫]永井 路子角川書店1999-092014/11/17読了。

読了本ストッカー:ホワイト藤沢周平!……『よろずや平四郎活人剣㊦』藤沢周平/文春文庫

よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫) [文庫]藤沢 周平文藝春秋2003-122014/9/28読了。 読み進めるにつれ、どこかで「ブラック藤沢周平」が顔を出して、登場人物皆殺しにしたらどうしよう……と恐怖におののいていましたが、ホワイト藤沢周平! よかった……(…

読了本ストッカー:ホワイト周平に安心……『よろずや平四郎活人剣㊤』藤沢周平/文春文庫

よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫) [文庫]藤沢 周平文藝春秋2003-122014/9/24読了。 旗本の妾腹の息子、神名平四郎は、友人たちと道場を構えるべく準備をしていましたが、友人のひとりに金を持ち逃げされて計画は頓挫! 糊口を凌ぐべく、世間のやっかい…

読了本ストッカー:再読『秘太刀馬の骨』藤沢周平/文春文庫

秘太刀馬の骨 (文春文庫) [文庫]藤沢 周平文藝春秋1995-112014/8/19読了。 録画していた『秘太刀馬の骨』を見終わったので、ひさびさに再読してみました。 前回のエントリはこちら。 ドラマ版は、主人公浅沼半十郎と妻杉江の関係が温厚に描かれており、結構…

読了本ストッカー:藤沢ブラック周平のあとを継ぐ……『夏の椿』

夏の椿 (文春文庫) [文庫]北 重人文藝春秋2008-01-102014/5/15読了。 なんといっても衝撃的なのは、これがデビュー作だということです。 もちろん初めて書いた小説というわけではないですが、時代小説としての完成度がすごいなぁ。 陰鬱なイメージが強く、初…

読了本ストッカー:無芸な忍者たち、その2……『忍者無芸帖#大食の巻』

忍者無芸帖 (大食の巻) (文春文庫―ビジュアル版) [文庫]いしい ひさいち文藝春秋1993-122014/4/25読了。

読了本ストッカー:無芸な忍者たち……『忍者無芸帖#無芸の巻』

忍者無芸帖 (無芸の巻) (文春文庫―ビジュアル版) [文庫]いしい ひさいち文藝春秋1993-122014/4/25読了。

読了本ストッカー:虚学でも、実学でもなく……『算法少女』

算法少女 (ちくま学芸文庫) [文庫]遠藤 寛子筑摩書房2006-082013/12/26読了。 文系の私にとっては数学者というのはあこがれ! 冲方丁氏の『天地明察』も大ヒットしたところをみると、日本人はみんな好きなんでしょうね。 1775年に刊行された実在の和算書『算…

読了本ストッカー:あれ?シリーズものだった……『銀座開化おもかげ草紙』

銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫) [文庫]松井 今朝子新潮社2007-09-282013/3/25読了。 時は明治七年。時節に乗り遅れ、鬱々とした日々を送る元幕臣久保田宗八郎は、こちらはちゃっかりと時節に乗りまくっている兄の正矩の口添えで、銀座三丁目にある「九星堂…

読了本ストッカー『前田太平記㊦富田流秘帖』

前田太平記〈下〉 [単行本]戸部 新十郎毎日新聞社1995-09 2012/11/21読了。

読了本ストッカー:「兵法を遣おうと思ってはならぬ」……『前田太平記㊤富田流秘帖』

前田太平記〈上〉 [単行本]戸部 新十郎毎日新聞社1995-09 2012/11/19読了。 主人公は後の「名人越後」、富田六左衛門重政(この巻では)。富田流のことが知りたいと思って、借りてみました。 富田勢源、富田景政の弟子として越前一乗谷で過ごす六左衛門。景…

読了本ストッカー:新たなる「山岡柳生」の発見!……『剣豪列伝#柳生一族』

柳生一族―剣豪列伝 (広済堂文庫) [文庫]柴田 錬三郎廣済堂出版1998-01-01 2012/10/4読了。 縄田一男氏のブックガイドを続けて読んだので、ちょいと時代小説選を読みたくなりました。 ご存知柳生一族を題材とした短編のアンソロジーです。 白柳生、黒柳生、白…

読了本ストッカー:短編集……『玄鳥』

玄鳥 (文春文庫) [文庫]藤沢 周平文藝春秋1994-03 2012/8/11読了。 池波正太郎氏や山田風太郎氏などは、『全仕事』などの有益なブックガイドがあるんですが……藤沢周平氏に関しては「わたしの藤沢周平」みたいな益体もない(失礼!)自分がたり本ばかりで 、…

読了本ストッカー『樅ノ木は残った㊦』

樅ノ木は残った (下巻) (新潮文庫) [文庫]山本 周五郎新潮社1963-12 2011/5/20読了。 今、映像化されるなら、原田甲斐はだれかと思っているのですが……渡辺謙かなあ? ストレートすぎる?

読了本ストッカー『樅ノ木は残った㊤』

樅ノ木は残った (上巻) (新潮文庫) [文庫]山本 周五郎新潮社1963-11 2011/5/19読了。 という会話だけで構成される章(誰かはすぐわかりますけど……)があったりして、ミステリ的。 それにしても原田甲斐が強烈に魅力的! 「私がですって、……貴方はこの七十郎…

読了本ストッカー『妖説太閤記㊦』

妖説太閤記(下) (講談社文庫) [文庫]山田 風太郎講談社2003-11-142011/2/9読了。 「殿下」 と、行長は生唾をのみこんで言った。 「唐入りのこと、お止めに相成りまするか?」 (中略) 「止めぬ」 と秀吉ははじめて返事した。 「弥九郎、わしは止めぬぞ。止…

読了本ストッカー『妖説太閤記㊤』

妖説太閤記(上) (講談社文庫) [文庫]山田 風太郎講談社2003-11-14 2011/2/4読了。 久しぶりの山風作品。伝奇的ではありますが、意外と歴史小説的な展開。あれ?もっとグッチョングッチョンな話かと思ってたんですが……。 本書の秀吉の原動力は、お市の方。 彼…

読了本ストッカー『竹光始末』

竹光始末 (新潮文庫) [文庫]藤沢 周平新潮社1981-11-27 2010/12/14読了。 ◆「竹光始末」……表題作。つてとも言えない、微かなつてを頼んで、はるばる会津から海坂藩にやってきた小黒丹十郎と家族たち。乱心者を討伐すれば仕官が叶うと持ちかけられます。しか…

読了本ストッカー『雲霧仁左衛門(後)』

雲霧仁左衛門 (後編) (新潮文庫) [文庫]池波 正太郎新潮社1982-06-29 2010/12/9読了。

読了本ストッカー『雲霧仁左衛門(前)』

雲霧仁左衛門 (前編) (新潮文庫) [文庫]池波 正太郎新潮社1982-06-29 2010/12/3読了。 登場人物がややこしいので、メモしながら読みました。 結局メモしか残らんかった……。 しかし、面白い! NHKのドラマも見ないとなぁ。 名古屋上本町好蘭堂・松屋吉兵衛 上…

読了本ストッカー『魔風海峡㊤』

魔風海峡 (上) (祥伝社文庫) [文庫]荒山 徹祥伝社2004-08 2010/9/29読了。

読了本ストッカー『花のあと』

花のあと (文春文庫) [文庫]著者:藤沢 周平出版:文藝春秋(1989-03) 2010/8/19読了。 ◆「鬼ごっこ」……小間物屋を畳み、隠居生活をおくる吉兵衛は、元盗賊。その吉兵衛が身請けし、養っていた元女郎のおやえが惨殺されます。おやえを殺したのは誰なのか、吉…

読了本ストッカー『十二人の剣豪』

十二人の剣豪 (文春文庫)著者:五味 康祐販売元:文藝春秋(1986-08-25) 2010/4/27読了。 ◆「曲淵主従」 ◆「赤褌の勘兵衛」 ◆「剣術者佐々道休」 ◆「籤の太郎左衛門」 ◆「咽仏玄蕃」 ◆「腰抜け外記」 ◆「山伏と彦丸」 ◆「勘左衛門の切腹」 ◆「さぁての勘解由…

読了本ストッカー『柳生宗矩と十兵衛』

柳生宗矩と十兵衛 (文春文庫 (335‐1))著者:五味 康祐販売元:文藝春秋(1984-02) 2010/4/14読了。 ◆「名取三十郎と宗矩」 ◆「十兵衛と竹村頼角」 ◆「堀主水と宗矩」……途中まで読んで、ようやく「これって『柳生忍法帖』か!」と気がつきました(遅すぎる。)…

読了本ストッカー『柳生十兵衛八番勝負』

柳生十兵衛八番勝負 (徳間文庫)著者:五味 康祐販売元:徳間書店(1988-02) 2010/4/12読了。 ◆柳生十兵衛八番勝負> 「梟と十兵衛」 「鳥刺しと十兵衛」 「神隠しと十兵衛」 「カラテと十兵衛」 「含み針お万と十兵衛」 となっていますが、未刊のためになって…

読了本ストッカー『人斬り彦斎』

人斬り彦斎 (ケイブンシャ文庫)著者:五味 康祐販売元:勁文社(1985-06) 2010/4/5読了。 人斬り彦斎と言えば、『流浪人剣心』の主人公、緋村剣心のモデル。茶坊主上がりで、坊主頭だったようです……ずいぶんイメージが……。

読了本ストッカー:『剣法秘伝』

剣法秘伝 (徳間文庫)著者:五味 康祐販売元:徳間書店(1989-01) 2010/3/10読了。 ◆「霜を踏むな」……霞流の刀術を遣う家所伊右衛門と弟子の西明寺左門は、諸国を旅し、その土地の名のある武芸者と立ち合う生活を続けています。 左門は師の寝首を掻こうと狙っ…

読了本ストッカー『一茶』

一茶 (文春文庫)著者:藤沢 周平文藝春秋(2009-04-10) 2009/9/17読了。信州から江戸に奉公に出た弥太郎、のちの一茶は、三笠付けという句合わせの博奕で頭角(?)を現し、葛飾派に属して活動をはじめます。俳諧師というものは大変です。お金が無くなるとパ…

読了本ストッカー:ただ舞台のために……『江戸役者異聞』

江戸役者異聞 (河出文庫)著者:山本 昌代販売元:河出書房新社発売日:1993-07 2008/12/8読了。 記述師的<魔人>、澤村田之助をめぐるお話です。皆川博子氏の『花闇』、北森鴻氏の『狂乱廿四考』に次いで3作品目。 本書の特徴は「何も解明されない」というと…

読了本ストッカー:ハッピー藤沢周平……『たそがれ清兵衛』

たそがれ清兵衛 (新潮文庫) 藤沢周平 新潮文庫 2008/10/1読了。 短編集です。物語の基本的なパターンは、<秘剣>シリーズと同様に、藩内に政争が起こり、誰か役に立つ遣い手はおらんか?う~む、そうじゃのう・・・おぉそうそう、○○右衛門という者をご存知か…

読了本ストッカー:歴史界の北村薫……『風よ、万里を翔けよ』

風よ、万里を翔けよ (中公文庫) 田中芳樹 中公文庫 2008/9/12読了。 ディズニーでも『ムーラン』として映画化された、花木蘭を主人公とした小説。花木蘭自身は伝説上の人物らしいですし、伝奇小説と言えるかなとも思っていたのですが、隋代自体が俯瞰で捉え…

読了本ストッカー:超ダーク藤沢周平……『暗殺の年輪』

暗殺の年輪 (文春文庫 ふ 1-1) 藤沢周平 文春文庫 2008/9/2読了。 「おすすめ文庫王国2007」にて、高野秀行氏が「偏愛ベスト10 藤沢周平」ベスト短編集として挙げていた一冊。営業中に、駅前の小さな古本屋の均一棚で見つけました。 ◆「黒い縄」 ・・・姑と…

読了本ストッカー:淡々北斎親娘……『応為坦坦録』

応為担担録 (河出文庫―BUNGEI Collection) 山本昌代 河出文庫 2008/1/25読了。 江戸の下町で生きるお栄(応為)と、その父親鉄蔵(葛飾北斎)を描く作品です。 山本昌代氏の著作を読むのは久しぶり。ずいぶん前に『緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道 (河…

読了本ストッカー:“隠しとどめ”ってなにか、すごく知りたい……『秘太刀馬の骨』

秘太刀馬の骨 (文春文庫)藤沢周平 文春文庫 2007/12/14読了。 某藩(たぶんご存知海坂藩)の近習頭取・浅沼半十郎は、筆頭家老・小出帯刀から、数年前の重臣暗殺に利用されたと思われる秘太刀「馬の骨」の遣い手探索の手助けを命じられます。小出の甥である…

読了本ストッカー:海坂藩の<隠し剣>たち。……『隠し剣孤影抄』

隠し剣孤影抄 (文春文庫) 藤沢周平 文春文庫 2007/9/7読了。 <隠し剣>シリーズの1作目ですね。2作目の『隠し剣秋風抄』から先に読んでしまいましたが・・・。 「邪剣竜尾返し」・・・檜山絃之助は雲弘流の剣士。ひょんなことから強敵と試合をしなくてはな…

読了本ストッカー:清々しい、青年剣士の成長譚。……『蝉しぐれ』

蝉しぐれ 藤沢周平 文春文庫 2007/8/6読了。 映画化もドラマ化もされている(らしい)藤沢周平の代表作。ブックオフでもわりとよく見かけますね。 舞台はご存知、海坂藩。牧文四郎は二十八石の小身、牧家の養子。友人にも恵まれ、15歳にして空鈍流の剣士とし…

読了本ストッカー:最強爺様、卜伝推して参る。……『卜伝最後の旅』

卜伝最後の旅池波正太郎 角川文庫 2007/4/16読了。 先日読了した角川文庫版『魔界転生』の巻末目録に、本書が載っていました。「そういえば塚原卜伝って読んだことないな・・・」と思っていたら偶然本書を見つけたので購入。剣聖・上泉伊勢守は風太郎忍法帖…

読了本ストッカー:つい買って読んでしまった・・・。……『隠し剣秋風抄』

隠し剣秋風抄 藤沢周平 文春文庫 2007/3/15読了。 つい買ってしまいました・・・。本の雑誌の杉江氏が、「深夜+1の浅沼さんに「恥ずかしいから今さら藤沢周平を読んでいるなんて大きい声で言わないように」と注意されている」と書かれていた『隠し剣秋風抄…

読了本ストッカー:われらも死に狂いの戦さつかまつるでございましょう……『天と地と㊦』

天と地と 中 天と地と 下2007/1/11読了。 川中島の戦いにおける「啄木鳥の戦法」も、山本勘助ではなく信玄自身が編み出したという説に基づいているため、山本勘助は出てきません。角川映画『天と地と 黎明編』が渡辺謙の急性白血病の発症によって未完になり…

読了本ストッカー:死ねや、者共!……『天と地と㊤』

天と地と 上 2006/12/25読了。 来年の大河ドラマは「風林火山」ということで、既にフェア展開している書店さんも多く見かけますが、こちらは上杉謙信を主人公とする大巨編です。記述師が読んだのは上下巻の角川文庫版。現在は文春文庫で3分冊になってるよう…

読了本ストッカー:主人公が工兵って…渋すぎっ!……『ナポレオン暗殺』

1809―ナポレオン暗殺 2006/6/1読了。 傑作『バルタザールの遍歴』で度肝を抜かれた佐藤亜紀氏。『モンティニーの狼男爵』に続いて3冊目です。もったいなくて未読のままとっておいたのですが、いよいよ読んでしまいました。 フランスのオーストリア侵攻時、…

読了本ストッカー:「おんなしょうぐん」じゃないよ!……『女将軍伝』

女将軍伝4/12読了。中国史上、正史列伝中に唯一名を残す女将軍「忠貞侯太子太保都督秦夫人・良玉」の生涯を描く小説です。解説は当然(?)田中芳樹氏。ちなみに『おんなしょうぐんでん』ではなくて『じょしょうぐんでん』です。読書中に「おんなしょうぐん…

読了本ストッカー『黒白㊦』

黒白 下巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-18) [文庫]池波 正太郎新潮社2003-05-10 2006/4/4読了。 ふ~満足満足。さすがの読み応えでした。 本編は小兵衛=藤田まことでイメージしますが(笑)、黒白では誰でしょうか?…と考えましたが、特に思い…

読了本ストッカー『黒白㊤』

黒白 上巻―剣客商売 番外編 新装版 (新潮文庫 い 17-17) [文庫]池波 正太郎新潮社2003-05-10 2006/4/3読了。 小野派一刀流の剣客・波切八郎とご存知秋山小兵衛 の因縁を描く、『剣客商売』シリーズ外伝です。 それにしても登場する旗本などに、人間的に優れ…

読了本ストッカー『安政五年の大脱走』

安政五年の大脱走 (幻冬舎文庫) [文庫]五十嵐 貴久幻冬舎2005-04 2006/3/14読了。 な、泣けます。題名通り、名画『大脱走』の安政五年バージョン。 逃げ道の全くない岩山に閉じ込められた南津和野藩の藩士たちがいかにして逃げるか……。 信義と信義、プライド…

読了本ストッカー『編笠十兵衛』

編笠十兵衛 (新潮文庫 い 16-1) [文庫]池波 正太郎新潮社1977-03 2006/3/3読了。 おそらく現行は、上下巻ですが、読んだのは一冊本のもの。 ブックオフで100円だったので買ったのですが……なんと最後の数ページがないっ! したがってクライマックスは不明です…

読了本ストッカー『ないしょないしょ』

ないしょないしょ―剣客商売番外編 (新潮文庫) [文庫]池波 正太郎新潮社2003-05-13 2006/1/30読了。 「剣客商売」シリーズの番外編です。本編は読了してしまったので……もはや未読は同じ番外編の『黒白 (上下)』のみ……悲しい。 なんといっても秋山小兵衛 や…

読了本ストッカー『一夢庵風流記』

一夢庵風流記 (新潮文庫) [文庫]隆 慶一郎新潮社1991-09-30 2005/12/22読了。 ジャンプ世代(?)なら誰でも知っている『花の慶次』の原作です。 『吉原御免状』の登場人物の若か りし姿も見られます。『吉原御免状』の続編『かく れさと苦界行』もよまない…

読了本ストッカー『髪結い伊三次捕り物余話#04さんだらぼっち』

さんだらぼっち―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) [文庫]宇江佐 真理文藝春秋2005-02 2005/11/11読了。 髪結い伊三次捕物余話シリーズの 第4作目です。 おすすめは『鬼の通る道』。不破同 心の息子の成長が涙を誘います。

読了本ストッカー『髪結い伊三次捕物余話#03さらば深川』

さらば深川―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) [文庫]宇江佐 真理文藝春秋2003-04 2005/11/8読了。 髪結い伊三次捕物余話シリーズの第 3作目です。 いよいよ伊三次とお文が所帯を持つ (時代小説だねェ…所帯っていわないもんなぁ)ことになります。 個人的に…