読了本:ミステリ

読了本ストッカー:『シューマンの指』奥泉光/講談社文庫

シューマンの指 (講談社文庫) [文庫]奥泉 光講談社2012-10-162015/2/23読了。 指を失って演奏家としての命を絶たれたと思われていたピアニストが、海外で活動を開始していた、それも失ったはずの指を生やして……。 こうなってくると、音楽SFの傑作、山之口洋…

読了本ストッカー:『アルファベット・パズラーズ』大山誠一郎/創元推理文庫

アルファベット・パズラーズ (創元推理文庫) [文庫]大山 誠一郎東京創元社2013-06-282015/2/2読了。 久しぶりにがっつり本格ミステリです。 翻訳家の、精神科医の、警視庁刑事の、そして三人の住むマンションの持ち主の四人が繰り広げる推理を描きます。 「P…

読了本ストッカー:実は超伝奇!……『モーダルな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』奥泉光/文春文庫

モーダルな事象―桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活 (文春文庫) [文庫]奥泉 光文藝春秋2008-08-052015/1/29読了。 サブタイトルから想像されるスタイリッシュなシティ派(?)ミステリとかではなく(勝手に思いこんでただけ)、ガチガチの伝奇小説でした…

読了本ストッカー:で、伝奇ミステリ!?……『木野塚佐平の挑戦だ』樋口有介/創元推理文庫

木野塚佐平の挑戦だ (創元推理文庫) [文庫]樋口 有介東京創元社2008-062014/10/17読了。 警視庁奉職満期を迎え、新宿にハードボイルドな探偵事務所を開いた、警視総監賞も受けた木野塚佐平氏(経理担当)シリーズ第二弾! ちょっと前作の記憶が曖昧なのです…

読了本ストッカー:意外とイヤじゃないイヤミス……『九月が永遠に続けば』沼田まほかる/新潮文庫

九月が永遠に続けば (新潮文庫) [Kindle版]沼田 まほかる新潮社2012-05-172014/10/10読了。 イヤミスと名高い本書。たしかにイヤ~な感じ。 でも意外とストレートというか、思ったほどエキセントリックではなかったです。 主人公の息子の女友達の父親が、『…

読了本ストッカー:『覆面作家の夢の家』北村薫/角川文庫

覆面作家の夢の家 (角川文庫) [文庫]北村 薫角川書店1999-10-212014/10/6読了。

読了本ストッカー:『覆面作家の愛の歌』北村薫/角川文庫

覆面作家の愛の歌 (角川文庫) [文庫]北村 薫角川書店1998-05-212014/10/3読了。

読了本ストッカー:『覆面作家は二人いる』北村薫/角川文庫

覆面作家は二人いる (角川文庫) [文庫]北村 薫角川書店1997-11-212014/9/29読了。 北村薫師のコージーミステリシリーズである【覆面作家】シリーズの第1弾。 「コージーミステリ」とは、単にホンワカしたミステリではなく、その裏に潜むなんだか危ういものが…

読了本ストッカー:どこが劇中劇の「底」だったのか、要注意メタミステリ!……『中庭の出来事』

中庭の出来事 (新潮文庫) [文庫]恩田 陸新潮社2009-07-282014/4/21読了。 久々の恩田陸ミステリ。 え~と……正直どこが劇中劇の「底」だったのか、まったく理解出来てない記述師です……。 「演じること」を描いたメタメタメタミステリ。 劇中劇が重なりまくる…

読了本ストッカー:メタな仕掛けにメタメタ……『猫の舌に釘をうて/三重露出』

猫の舌に釘をうて・三重露出 (文庫コレクション―大衆文学館) [文庫]都筑 道夫講談社1997-072014/4/18読了。 二つの長編が収録されています。都筑道夫作品は『なめくじに聞いてみろ』と『退職刑事』シリーズを何冊かしか読んでなかったのですが、なんだか前か…

読了本ストッカー:ちょっと男に都合が良すぎる気が……『行きずりの街』

行きずりの街 (新潮文庫) [文庫]志水 辰夫新潮社1994-01-282014/4/11読了。 初シミタツ作品。おそらく書評家の北上次郎氏が、著者を絶賛されていて手に取ったものと思います。 意外と、というと失礼ですが、ミステリ色が強く驚きました。こういった過去のあ…

読了本ストッカー:不穏な空気にドキドキ……『誰かsomebody』

誰か―Somebody (文春文庫) [文庫]宮部 みゆき文藝春秋2007-12-062014/4/10読了。 小泉慎太郎主演で面白かったドラマ『名もなき毒』の原作です。 本書『誰か』+続編『名もなき毒』を連続ドラマ化したのが、ドラマ版『名もなき毒』でした。 「小泉慎太郎主演…

読了本ストッカー:SF寄りの短編が好み!……『大きな森の小さな密室』

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫) [文庫]小林 泰三東京創元社2011-10-212014/4/7読了。 SF作家としては「計算派(C)大森望」の首領として健筆をふるう小林泰三氏ですが、本書ではミステリ作家としての側面を見せます。 『密室・殺人』とか読んだはずです…

読了本ストッカー:心が弱っているときは絶対に読んじゃダメ!……『盤上の敵』

盤上の敵 (講談社文庫) [文庫]北村 薫講談社2002-10-162014/2/7読了。 本来はもう少し早めに読むつもりだったのですが、先送りしていました。なぜなら北村氏による「まえがき」があったからです。そんな気分じゃなかったんで……。 ノベルス版を読んだことがあ…

読了本ストッカー:ザ・本格ミステリ!……『法月綸太郎の功績』

法月綸太郎の功績 (講談社文庫) [文庫]法月 綸太郎講談社2005-06-152014/1/7読了。 新作『ノックス・マシン』が好評の法月綸太郎氏の短編集です。 ◆「イコールYの悲劇」 ……ダイイング・メッセージものです。 「=Y」と読めるダイイング・メッセージをもとに…

読了本ストッカー『片岡義男コレクション#01花模様が怖い#謎と銃弾の短篇』

花模様が怖い―謎と銃弾の短篇 (ハヤカワ文庫JA―片岡義男コレクション) [文庫]片岡 義男早川書房2009-04-052013/11/27読了。 片岡義男作品は初めてです。 ◆「心をこめてカボチャ畑にすわる」 ◆「夜行ならブルースが聴こえる」 ◆「白い町」 ◆「夕陽に赤い帆」 …

読了本ストッカー『幽霊の2/3』

幽霊の2/3 (創元推理文庫) [文庫]ヘレン・マクロイ東京創元社2009-08-302013/10/4読了。 冒頭、メグ・ヴィージーという女性が、友人の細君を貶した手紙を子どもたちの騒ぎに巻き込まれ、当の細君本人に出してしまうドタバタ(笑)。むちゃくちゃ魅力的な出だし…

読了本ストッカー『名短編、ここにあり』

名短篇、ここにあり (ちくま文庫) [文庫]筑摩書房2008-01-092013/7/13読了。 ◆「となりの宇宙人/半村良」 ◆「冷たい仕事/黒井千次」 ◆「むかしばなし/小松左京」 ◆「隠し芸の男/城山三郎」 ◆「少女架刑/吉村昭」 ◆「あしたの夕刊/吉行淳之介」 ◆「穴ー…

読了本ストッカー『館島』

館島 (創元推理文庫) [文庫]東川 篤哉東京創元社2008-072013/5/30読了。

読了本ストッカー:明智小五郎が悪魔的にス・テ・キ!……『怪人二十面相・伝』

怪人二十面相・伝 (小学館文庫) [文庫]北村 想小学館2008-09-052013/5/26読了。 タイトル通り、かの怪人二十面相の伝記小説(?)デス? こういうのにありがちですが、主人公たる怪人二十面相の心理を描くことで、逆に二十面相の魅力が半減するという……。 逆…

読了本ストッカー:ちゃんと伝奇してほしかった……『乱歩邸土蔵伝奇』

乱歩邸土蔵伝奇 (光文社文庫) [文庫]川田 武光文社2002-10 2013/4/30読了。 江戸川乱歩と坂本竜馬を結びつける超絶技巧がすごい伝奇(?)ミステリ。 ?が付くのは、本書の乱歩は「江戸川乱歩」ではなくて「江戸賀乱歩」だからです。 なんで微妙に変えたのか…

読了本ストッカー:けっこう驚きました……『黄昏のベルリン』

黄昏のベルリン (講談社文庫) [文庫]連城 三紀彦講談社1991-07 2013/4/3読了。 久しぶりの連城三紀彦作品。 画家である青木優二は、エルザというドイツ人女性に出会います。エルザは、優二がナチスドイツの強制収容所で生まれた人間だと告げるのですが……。 …

読了本ストッカー:ひさびさの岡嶋二人……『99%の誘拐』

99%の誘拐 (講談社文庫) [文庫]岡嶋 二人講談社2004-06-15 2013/3/19読了。

読了本ストッカー:お願いだから、ミステリに戻ってきて!……『水に描かれた館』

水に描かれた館 (創元推理文庫) [文庫]佐々木 丸美東京創元社2007-02-28 2012/12/4読了。 〈館三部作〉の第二作です。この巻だけなぜか創元推理文庫なんですよねぇ……何でだっけ? 講談社文庫版もあるんですが、せっかくなんで新しいほうで。 前作とは一転(…

読了本ストッカー:<館三部作>ペダンティックにスタート!……『崖の館』

崖の館 (講談社文庫) [文庫]佐々木 丸美講談社1988-01 2012/11/30読了。 なんでこのシリーズを知ったのか……。多分、桜庭一樹氏のエッセイだったと思うのですが。探してたところ、突然創元推理文庫から復刊されたのでビックリ! と思ったら、出張先で、仕事後…

読了本ストッカー『奥様はネットワーカ』

奥様はネットワーカ―Wife at Network (ダ・ヴィンチブックス) [文庫]森 博嗣メディアファクトリーダヴィンチ編集部2007-04 2012/8/27読了。 ほんとーにわたくし、ミステリ読者としては優秀だと思います……。何度似たようなトリック読んでも、ふつーに騙される…

読了本ストッカー:倒叙がくる!って解ってても、だまされちゃうよねー……『倒錯のロンド』

倒錯のロンド (講談社文庫) [文庫]折原 一講談社1992-08-032012/7/18読了。

読了本ストッカー:芥川伝奇、降臨!……『ダビデの星の暗号』

ダビデの星の暗号 (角川文庫) [文庫]井沢 元彦角川書店2003-05-24 2012/6/14読了。 芥川龍之介を探偵役とするミステリの一作目です。 海軍学校に嘱託講師として奉職しつつ、文壇にデビューした芥川龍之介。 友人の原田宗助から、先祖の「伊達騒動」の悪役た…

読了本ストッカー:小市民シリーズ第二作……『夏期限定トロピカルパフェ事件』

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫) [文庫]米澤 穂信東京創元社2006-04-11 2012/4/3読了。

読了本ストッカー:小市民シリーズ第一作……『春期限定いちごタルト事件』

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) [文庫]米澤 穂信東京創元社2004-12-18 2012/3/30読了。 『ピーター・ウィムジー卿シリーズ#ピーター卿の事件簿』 ドロシー・L・セイヤーズ 東京創元社 創元推理文庫 『ピーター・ウィムジー卿シリーズ#誰の死体?』…

読了本ストッカー『黒と茶の幻想㊦』

黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫) [文庫]恩田 陸講談社2006-04-142011/11/18読了。

読了本ストッカー『黒と茶の幻想㊤』

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫) [文庫]恩田 陸講談社2006-04-142011/11/16読了。

読了本ストッカー『純粋理性批判殺人事件㊦』

純粋理性批判殺人事件〈下〉 (角川文庫) [文庫]マイケル グレゴリオ角川書店2006-08 2011/9/2読了。 まるでカントがレクター教授のようですね~。 ただし悪の深淵を垣間見たことがあるのは、弟子であるシュティフェニースってとこが入れ子か? 記述師は、カ…

読了本ストッカー『純粋理性批判殺人事件㊤』

純粋理性批判殺人事件〈上〉 (角川文庫) [文庫]マイケル グレゴリオ角川書店2006-08 2011/8/29読了。 時は19世紀、1804年プロイセン。 ロッティンゲンの判事として働くハノ・シュティフェニースは、中心都市ケーニヒスベルクで起こった連続殺人事件を解決す…

読了本ストッカー『不良少女』

不良少女 (創元推理文庫) [文庫]樋口 有介東京創元社2007-11 20115/16読了。 出張先で不覚にも持参本を読み終わってしまったため、急遽購入。やはり105円です。 ◆「秋の手紙」 ◆「薔薇虫」 ◆「不良少女」 ……柚木草平のやらかした場面が具体的に描写されたの…

読了本ストッカー『動物園の鳥』

動物園の鳥 (創元推理文庫) [文庫]坂木 司東京創元社2006-10-11 2011/4/12読了。 の第3弾。 はじめての長編です。 人の出身校とかばかり気にする登場人物が出てくるのですが……ギクッ。

読了本ストッカー『仔羊の巣』

仔羊の巣 (創元推理文庫) [文庫]坂木 司東京創元社2006-06-17 2011/4/12読了。 の第2弾。 ◆「野生のチェシャ・キャット」 ◆「銀河鉄道を待ちながら」 ◆「カキの中のサンタクロース」

読了本ストッカー『青空の卵』

青空の卵 (創元推理文庫) [文庫]坂木 司東京創元社2006-02-23 2011/4/11読了。 〈ひきこもり三部作〉(だっけ?)の第一弾。 自室にひきこもってプログラマの仕事をしている鳥井真一。そんな真一と共依存状態にある坂木司。ふたりの成長(?)を描く物語です…

読了本ストッカー『紙魚家崩壊 九つの謎』

紙魚家崩壊 九つの謎 (講談社文庫) [文庫]北村 薫講談社2010-03-12 2010/12/22読了。 ◆「溶けていく」……最初にこれをもってくるか?北村薫ダーク面を感じさせる短編。北村薫が書くからこそのコワイ話です。 ◆「紙魚家崩壊」……これが、両手が恋をしている女と…

読了本ストッカー『逆説的#十三人の申し分なき重罪人』

逆説的―十三人の申し分なき重罪人 (双葉文庫 と 15-1) [文庫]鳥飼 否宇双葉社2008-08-07 2010/12/20読了。 久々に、職人・鳥飼非宇氏の連作短編集です。 綾鹿市の所轄刑事、五龍神田(ごりゅうかんだ)刑事が、ホームレスの「たっちゃん」こと田中辰也、「じ…

読了本ストッカー『弁護側の証人』

弁護側の証人 (集英社文庫) [文庫]小泉 喜美子集英社2009-04-17 2010/12/16読了。 なんで本書を知ったのか……?忘れましたが、本格ミステリの佳作です。 1960年代の作品。

読了本ストッカー『広重殺人事件』

広重殺人事件 (講談社文庫) [文庫]高橋 克彦講談社1992-07-03 2010/10/22読了。 し、衝撃の展開……! 結構びっくりしました。まさかそうくるとは……。

読了本ストッカー『北斎殺人事件』

北斎殺人事件 (講談社文庫) [文庫]高橋 克彦講談社1990-07-06 2010/10/20読了。 第2弾。個人的には『写楽殺人事件』よりも好きです。『写楽~』では、写楽の正体を追うきっかけそのものが創作なわけですが、本書では、北斎隠密説>自体は純粋な理論(もちろん…

読了本ストッカー『写楽殺人事件』

写楽殺人事件 (講談社文庫) [文庫]高橋 克彦講談社1986-07-08 2010/10/19読了。 高橋克彦氏のシリーズの開幕です。途中まで、現代においては殺人らしい殺人が起きないので、タイトルは「写楽を歴史から殺した」という意味かと思っていましたが、後半から怒涛…

読了本ストッカー『ηなのに夢のよう』

ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫) [文庫]森 博嗣講談社2010-08-12 2010/10/4読了。

読了本ストッカー『λに歯がない』

λに歯がない λ HAS NO TEETH (講談社文庫) [文庫]森 博嗣講談社2010-03-26 2010/10/2読了。

読了本ストッカー『図書館の海』

図書室の海 (新潮文庫) [文庫]恩田 陸新潮社2005-06-26 2010/9/21読了。 ◆「春よ、こい」 ◆「茶色の小壜」 ◆「イサオ・オサリヴァンを捜して」 ◆「睡蓮」 ◆「ある映画の記憶」 ◆「ピクニックの準備」 ◆「国境の南」 ◆「オデュッセイア」 ◆「図書館の海」 ◆「…

読了本ストッカー『レタス・フライ』

レタス・フライ Lettuce Fry (講談社文庫) [文庫]著者:森 博嗣出版:講談社(2009-03-13) 2010/8/20読了。 ◆「ラジオの似合う夜」 ◆「檻とプリズム」 ◆「証明可能な煙突掃除人」 ◆「皇帝の夢」 ◆「私を失望させて」 ◆「麗しき黒髪に種を」 ◆「コシジ君のこと…

読了本ストッカー『ニッポン硬貨の謎』

ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件 (創元推理文庫 (Mき3-6))著者:北村 薫販売元:東京創元社(2009-04-20) 2010/5/10読了。 本書が105円で手に入るとはねぇ……。 本書は、かのエラリー・クイーンの未発表原稿を北村薫氏が翻訳したという体裁を採…

読了本ストッカー『弥勒の掌』

弥勒の掌 (文春文庫)著者:我孫子 武丸販売元:文藝春秋(2008-03-07) 2010/5/7読了。 自らの浮気の結果冷えきった夫婦関係。そんな中突然妻が姿を消す。夫は「あぁ、ついに出ていったんだな」と考え、探したりはしない。ついでに妻の服なんかも整理してしま…