読了本:ファンタジー

読了本ストッカー:『つりにいこうよ』メアリー・シュトルツ/パット・カミングス/講談社

つりにいこうよ [単行本]メアリー シュトルツ講談社1993-062014/12/14読了。

読了本ストッカー:『熊とにんげん』ライナー・チムニク/偕成社

熊とにんげん (新しい翻訳童話) [単行本]ライナー=チムニク偕成社1982-012014/12/13読了。

読了本ストッカー:現実と幻想の境目が曖昧なのか? 逆に現実が勁すぎるからこそ、神話が立ち上がるのか?……『エレンデイラ』

エレンディラ (ちくま文庫) [文庫]ガブリエル ガルシア=マルケス筑摩書房1988-12-012014/4/9読了。 ◆「大きな翼のある、ひどく年取った男」 ……ある日海岸沿いの町に墜ちてきた超みすぼらしい男。羽根が生えているので……天使らしい(!)。そこで巻き起こる騒…

読了本ストッカー:これがダークファンタジーだ!……『光車よ、まわれ!』

光車よ、まわれ! (ポプラ文庫ピュアフル) [文庫]天沢 退二郎ポプラ社2010-032014/3/13読了。 さて、日本ダークファンタジーの傑作待望の文庫化です! 〈オレンジ党〉シリーズも続々と文庫化かと思いきや……これっきりだのう……。 ブッキングの復刊を……買うのか…

読了本ストッカー『ベルカ、吠えないのか?』

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫) [文庫]古川 日出男文藝春秋2008-05-092013/9/6読了。

読了本ストッカー:ヴードゥ・マジック炸裂!……『幻影の航海』

幻影の航海 (ハヤカワ文庫FT) [文庫]ティム パワーズ早川書房1991-092013/8/19読了。 ティム・パワーズの著作では『アヌビスの門』は読了しています。 今回の舞台は18世紀。カリブ・マジックというかヴードゥー・マジックが色濃く残る時代を舞台に、海賊たち…

読了本ストッカー:傑作!完全版!……『鉄塔武蔵野線』

鉄塔 武蔵野線 (ソフトバンク文庫 キ 1-1) [文庫]銀林 みのるソフトバンククリエイティブ2007-09-212013/7/10読了。 新潮文庫として出ていた同タイトルの、増補完全版とでもいうべき本書。 新潮文庫版でも結構な「変さ加減」が醸し出されていましたが、完全…

読了本ストッカー『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) [文庫]森見 登美彦角川グループパブリッシング2008-12-25 2013/5/9読了。 グフフ……お、オモチロイ……。 バリー・ユアグローのような、奇々怪々な京都妖怪地図小説(?)。 李白翁の豪華絢爛三階建電車とか、ジブリっぽい(『千…

読了本ストッカー:なんか飼うの大変そう……『ドラゴン飼い方育て方』

ドラゴン ――飼い方 育て方―― [ハードカバー]ジョン・トプセル原書房2008-01-25 2013/2/2読了。 『SFが読みたい!』を読んで、この映画みたいなあと強く思ったのがコレ↓ ドラゴンズワールド [DVD] [DVD]ポール・ヒルトン日活2007-04-27 ドラゴンが実在するこ…

読了本ストッカー:結局、ミステリに戻ってきませんでした……『夢館』

夢館 (講談社文庫) [文庫]佐々木 丸美講談社1988-122012/12/6読了。

読了本ストッカー:ファンタジー巨編完結!……『アラビアの夜の種族#03』

アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫) [文庫]古川 日出男角川書店2006-072012/10/19読了。

読了本ストッカー:盛り上がり続ける古川ファンタジー……『アラビアの夜の種族#02』

アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫) [文庫]古川 日出男角川書店2006-07 2012/10/12読了。 第二第三の主人公、人類第二(第一はアーダムなので)の魔術師ファラー、義理人情にあふれる最強の剣士にして詐欺師サフィアーンの物語。

読了本ストッカー:古川日出男の語りに酔う一冊……『アラビアの夜の種族#01』

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫) [文庫]古川 日出男角川書店2006-072012/10/2読了。 時は聖遷暦1213年。ナポレオンの侵攻に揺れるエジプト・カイロ。 エジプトの実質的な支配者、23人の知事(ベイ)たちは、自分たちの騎馬部隊を最強と信じ、悠々と待ち…

読了本ストッカー『九年目の魔法』

九年目の魔法 (創元推理文庫) [文庫]ダイアナ・ウィン ジョーンズ東京創元社1994-09 2012/6/9読了。

読了本ストッカー:ファンタジーってこれだよなー……『わたしが幽霊だった時』

わたしが幽霊だった時 (創元推理文庫) [文庫]ダイアナ・ウィン ジョーンズ東京創元社1993-102012/6/4読了。 初D・W・J! なんですが……お、面白い! 突然幽霊になってしまった少女(多分)。どうやら四姉妹のひとりらしいということに気づきますが……。自分が…

読了本ストッカー『アヌビスの門㊦』

アヌビスの門〈下〉 (ハヤカワ文庫FT) [文庫]ティム パワーズ早川書房1993-07 2011/4/5読了。 俄然面白くなってきました!(上巻も面白いけど) 「魔術師は地面についてはいけない」というルール設定が秀逸! ですから魔術師はバネ付き靴を履いていたり、竹…

読了本ストッカー『アヌビスの門㊤』

アヌビスの門〈上〉 (ハヤカワ文庫FT) [文庫]ティム パワーズ早川書房1993-07 2011/3/30読了。 これってハヤカワ文庫FTなんですね……SFかと思ったが。 時は1802年、古代エジプトの栄光を再び甦らせようと、大神アヌビスを召喚する魔術をおこなったことで、ど…

読了本ストッカー『リトル・カントリー㊦』

リトル・カントリー (下) (創元推理文庫 (557-02)) [文庫]著者:チャールズ・デ・リント出版: 東京創元社(1993-05) 2010/6/2読了。 幻の作家ダンソーンの遺した限定本『リトル・カントリー』ですが、読む人によって内容が違う、という設定がツボでした。

読了本ストッカー:『リトル・カントリー㊤』

リトル・カントリー (上) (創元推理文庫 (557-01)) [文庫]著者:チャールズ・デ・リント出版: 東京創元社(1993-05) 2010/5/26読了。 ダークファンタジーです。 海外の妖精ものって、非常に日本の土壌に近いものを感じます。善と悪が紙一重な感じというか……本…

読了本ストッカー『フィンガーボウルの話のつづき』

フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫)著者:吉田 篤弘販売元:新潮社(2007-07) 2009/10/20読了。吉田篤弘氏の作品は、『つむじ風食堂の夜』に続いて2作目。ちょっと込み入った構成(そうでもないか)の連作短編集です。 と呼ばれる袋小路にあると呼ばれ…

読了本ストッカー『奇術師』

〈プラチナファンタジイ〉 奇術師 (ハヤカワ文庫 FT)著者:クリストファー・プリースト早川書房(2004-02-10)2009/10/4読了。記述師文庫堂としてはこれを読まないわけにはいきますまい。というわけで、『奇術師』です。アンドルー・ウェストリーは新聞記者。…

読了本ストッカー『にぎやかな湾に背負われた船』

にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)著者:小野 正嗣朝日新聞社(2005-10-13)2009/9/4読了。『にぎやかな湾に背負われた船』『水に埋もれる墓』の2篇を収録。なんで本書を知ったのか……?柴田元幸氏?かなんかの対談に出てきた気もする……。 ヘンテコな場所…

読了本ストッカー『太陽と月のアラベスク』

太陽と月のアラベスク (ハヤカワ文庫FT)著者:リサ ゴールドスタイン早川書房(1995-03)2009/8/19読了。時は16世紀、女王統治下のロンドン。夫を病で喪い、息子も行方不明となった女性は、夫の職を継ぎ、境内で商う書籍商となります。そんな中、妖精たちが王…

読了本ストッカー:『オクターヴ』

オクターヴ (ちくま文庫)著者:田口 ランディ販売元:筑摩書房発売日:2007-05 2009/7/7読了。 スピリチュアル三部作(?)『コンセント』『アンテナ』『モザイク』は読んだので、もう終わりにしようと思ったのですが。 「バリ人は世界をいくつもの解釈で認…

読了本ストッカー:種も仕掛けもごさいません……『つむじ風食堂の夜』

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)著者:吉田 篤弘販売元:筑摩書房発売日:2005-11 2009/3/13読了。 月舟町の十字路の角にある、東西南北から風が吹きつのってつむじ風がおきるから、人呼んで<つむじ風食堂>。そこに集う人々を描いた小説集です。 クラフトエヴ…

読了本ストッカー:何年ぶりだろう……『創竜伝#13噴火列島』

創竜伝13〈噴火列島〉 (講談社文庫)著者:田中 芳樹販売元:講談社発売日:2007-05-15 2009/3/9読了。 いや~懐かしい!何年ぶりだろう!12巻の『竜王風雲録』を読んだのはいつか? こんなに間があくと、プッツンしちゃいますね、緊張感が。というわけで、な…

読了本ストッカー:<寓意>とはこれだ!……『ピュタゴラスの旅』

ピュタゴラスの旅 (講談社文庫)著者:酒見 賢一販売元:講談社発売日:1994-01 2009/1/21読了。 酒見氏の作品は『後宮小説 (新潮文庫)』『墨攻 (新潮文庫)』に続いて3作品目。酒見氏の処女短編集ということです。 ◆「そしてすべて目に見えないもの」 ……お?…

読了本ストッカー:「頓に争力せむ(ひたぶるにちからくらべせむ)」……『本朝無双格闘家列伝』

本朝無双格闘家列伝 (新潮文庫)著者:夢枕 獏販売元:新潮社発売日:1999-11 2009/1/13読了。 エッセイと思いきや、夢枕氏本人も冒頭で述べているように小説だったんですね。そういやCコードが0193だしね。 『古事記』『日本書紀』『大鏡』『今昔物語』『古…

読了本ストッカー:妄想モリミー再臨!……『四畳半神話大系』

四畳半神話大系 (角川文庫)著者:森見 登美彦販売元:角川書店発売日:2008-03-25 2008/12/5読了。 『太陽の塔』に比べると、ファンタジー濃度が若干弱まっていますが(そうか?)、記述師的にはかなりオモロいです。「新入生のとき、別のあのサークルに入っ…

読了本ストッカー:みんなの妄想……『太陽の塔』

太陽の塔 (新潮文庫) 森見登美彦新潮文庫2008/10/7読了。 全国の書店員のアイドル(?)モリミーを初読了です。 もうどこをどうツッコんでいいものやら・・・妄想に身を委ねるベキか・・・ウムウム。 それにしても京大ってところはこんな人ばっかりなのか。…

読了本ストッカー:「自分の、あなたの、居場所の位置を示すインジケータ」……『川の名前』

川の名前 (ハヤカワ文庫JA) 川端裕人ハヤカワ文庫2008/10/6読了。 川端氏の著作は、『夏のロケット』『The S.O.U.P』に続いて3冊目。案外読んでないなあ。全作読もうと思っているのですけど。 菊野脩は、自然写真家を父にもち、世界中を旅して暮らしてきた、…

読了本ストッカー:ひとりっ子のための(?)サイコロゲームメタファンタジー……『ユニヴァーサル野球協会』

ユニヴァーサル野球協会 (新潮文庫) ロバート・クーヴァー 新潮文庫 2008/9/22読了。 本書を知ったのは『翻訳文学ブックカフェ』 。本書の訳者、越川芳明氏が<まああれは野球小説というよりも、野球が世界創造のメタファーとして使われているだけなんだけど…

読了本ストッカー:記述師的ファンタジーの最高峰……『黎明の王 白昼の女王』

黎明の王 白昼の女王 (ハヤカワ文庫FT) イアン・マクドナルド ハヤカワ文庫 2008/8/5読了。 読みはじめたとたん、これ、すごいの読んじゃったな・・・とわかる凄まじい出来。むちゃくちゃ記述師のストライクゾーンです。 第一部は、複数の人物の日記や書簡の…

読了本ストッカー:村上龍版クトゥルー神話?……『だいじょうぶマイ・フレンド』

だいじょうぶマイ・フレンド 村上龍 集英社文庫 2007/3/5読了。 『クトゥルー神話事典 第三版』にクトゥルー神話ものと載っていたので買ってみました。ちらっと裏の説明をみたけど・・・クトゥルーのクの字もないぞ・・・だいじょうぶだろうなあ~。と思って…

読了本ストッカー:背中にウ○コ、あります。……『白いへび眠る島』

白いへび眠る島2007/2/3読了。古い因習が色濃く残る故郷の離島、13年ぶりのお盆の大祭、“不思議”を見てしまう主人公の青年、実の兄弟よりも強いつながりを持つ“持念兄弟”・・・クトゥルー読んだあとだと・・・なんか起きそうでドキドキですね。故郷に抱く複…

読了本ストッカー:新しい世界へ!……『すばらしい新世界』

すばらしい新世界 2006/11/28読了。 池澤夏樹氏の著作は、『夏の朝の成層圏』『バビロンに行きて歌え』『スティルライフ』『真昼のプリニウス』『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』の順番に読んできて本書で7作目です。『夏の朝の成層圏』を読んだ時には…

読了本ストッカー:奇妙な短編満載です……『実験小説ぬ』

実験小説 ぬ 2006/11/20読了。 『ダブ(エ)ストン街道』が面白かった浅暮三文作品です。 第一章 実験小説集「帽子の男」・・・ご存知交通標識の帽子男(仮名)の人生を追う短編。オチもなかなかです。「喇叭」・・・ある日加藤静夫のもとにクイズが送られて…

読了本ストッカー:ファンタジー小説の豪速球!……『バガージマヌパナス#わが島のはなし』

バガージマヌパナス―わが島のはなし 2006/9/6読了。 能力もの続き(?)ですが、今回は沖縄のユタが題材。19才の綾乃が神様にユタになれとあっさり宣告されるとこから物語は始まります。島一番のユタ・カニメガが守銭奴という設定が笑えます。綾乃の親友、8…

読了本ストッカー:恩田陸版『少女コマンドーいづみ』?……『劫尽童女』

劫尽童女 2006/9/20読了。 動物の能力を拡大し、人間にフィードバックする技術によって作り上げられた人間兵器。「少女コマンドーいづみ」みたいですな、バイオフィードバック戦士。こんなラノベ風な物語を書いて読ませることができるのは、宮部みゆき氏と恩…

読了本ストッカー:オヤジ青春小説の傑作!……『夏のロケット』

夏のロケット 2006/9/20読了。 ブックオフの100円コーナーであまりにもよく見かけるので、いつでも買えるかと思って買い控えしていたのですが、川端氏の他作品にも面白そうなものが多いので、まずは処女作をと思い読んでみました。小川一水氏の『第六大陸』…

読了本ストッカー:まさに大団円!……『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』

大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる 8/2読了。 「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズ最終作。まさに大団円!シリーズで張ってきた伏線が見事に回収され、すばらしいラスト。児童書の鏡ですね~。

読了本ストッカー:復讐鬼ホッツェンプロッツ!『大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる』

大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる 8/2読了。 文字どおり「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズ第2作です。新キャラとして「千里眼」シュロッターベック夫人が登場します。ワニになってしまった夫人のペットの犬さんがかわいらしいです。

読了本ストッカー:イラストがすばらしいよね!……『大どろぼうホッツェンプロッツ』

大どろぼうホッツェンプロッツ 2006/8/2読了。 ハードカバーを子供の頃に読んだのですが(実家にあるはず)、久々の再読。ドイツの少年、カスパールとセッペルの冒険。ドキドキしながら読んだなあ。大魔術師ペトロジリウス=ツワッケルマンのアジト、もっと…

読了本ストッカー:あなたは“エ”を発音しますか?……『ダブ(エ)ストン街道』

ダブ(エ)ストン街道 2006/6/25読了。 面白ければなんでもありなメフィスト賞受賞作。メフィスト賞の懐の広さを物語る作品です。夢遊病で行方不明になったの恋人タニアを探して、「ダブ(エ)ストン」(“エ”は発音してもしなくてもOK)に文字どおり流れ着いた…

読了本ストッカー:和製ダークファンタジーの最高傑作!……『 光車よ まわれ! 』

光車よ、まわれ!天沢退二郎ブッキング2006/5/23読了。読者からの投票に答えてブッキングから復刊された天沢退二郎氏の傑作ファンタジーです。何年か前にその存在を知って、古本屋で探すしかないかなあと思っていたところ、復刊を知りとても喜んだ覚えがあり…

読了本ストッカー『モンティニーの狼男爵』

モンティニーの狼男爵 (光文社文庫) [文庫]佐藤 亜紀光文社2001-10 2005/9/16読了。 店主のオールタイムベスト10に入る最高傑作『バ ルタザールの遍歴』の著者、佐藤亜紀師の本です。 す、すごい・・・いつもながら傑作です。ラウー ル・ド・モンティニー…

読了本ストッカー『鉄塔武蔵野線』

鉄塔 武蔵野線 (新潮文庫) [文庫]著者:銀林 みのる出版:新潮社(1997-05) 「鉄塔」文学最初にして最後(?)の傑作です。 送電線武蔵野線の鉄塔の先にあるものを探して、番号順にさかのぼる少年たちの物語。 多用された鉄塔の 写真たちにマニア心をくすぐら…