読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読了本ストッカー『科学の最前線で研究者は何を見ているのか』

科学の最前線で研究者は何を見ているのか [単行本]瀬名 秀明日本経済新聞社2004-072011/12/21読了。 第1部 ヒトが来た道、向かう道 第1回 人類のはるかな足跡 馬場悠男(国立科学博物館人類研究部長) 第2回 人間はいくつまで生きられるのか 白澤卓二(東京…

読了本ストッカー『オオカミ少女はいなかった#心理学の神話をめぐる冒険』

オオカミ少女はいなかった 心理学の神話をめぐる冒険 [単行本]鈴木 光太郎新曜社2008-10-032011/12/17読了。 心理学に跳梁する神話を検証した良書です。 ◆「1章 オオカミ少女はいなかった#アマラとカマラの物語」 ◆「2章 まぼろしのサブリミナル#マスメディ…

読了本ストッカー『あたりまえだけどとても大切なこと#子どものためのルールブック』

あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック [単行本]ロン クラーク草思社2004-062011/12/8読了。 なんでまた、この本を読もうと思ったかというと、『瀬名秀明ロボット学論集』において、ロボットに(人工知能に)倫理を教えることに関…

読了本ストッカー『八犬傳㊦』

八犬傳 下(新装版) (廣済堂文庫) [文庫]山田 風太郎廣済堂出版2010-06-152011/12/7読了。 善因善果、悪因悪果。浜路が死んでも別の浜路が生きていればそれで良しとする。これは現代的ではないですね……。 よく言われる「八犬伝は、後半になるにつれ面白くなく…

読了本ストッカー『八犬傳㊤』

八犬傳 上(新装版) (廣済堂文庫) [文庫]山田 風太郎廣済堂出版2010-06-152011/12/6読了。 「ある史実があって、その根を変えずに葉を変える。根を変えないからこそ稗史―伝奇小説となる。ま、これが書くほうも読むほうも一つの遊びになるのだね。この世の遊び…

読了本ストッカー『冒険小説の時代』

冒険小説の時代 (集英社文庫) [文庫]北上 次郎集英社1990-072011/12/3読了。 『冒険小説ベスト100』を読んだくせに、懲りずに本書。 『過去からの狙撃者』 マイケル・バー=ゾウハー 早川書房 ハヤカワ文庫 『ジャラナスの顔』 ロナルド・ハーディ 早川書房 …

今月の<本の雑誌>。

本の雑誌342号 [雑誌]本の雑誌社2011-11-10 『野蛮な読書』 平松洋子 集英社 『ローラ・フェイとの最後の会話』 トマス・H・クック 早川書房 『三つの秘文字㊤㊦』 S・J・ボルトン 東京創元社 創元推理文庫 『奇跡なす者たち』 ジャック・ヴァンス 国書刊行…

読了本ストッカー『UMAハンター馬子完全版②』

UMAハンター馬子―完全版〈2〉 (ハヤカワ文庫JA) [文庫]田中 啓文早川書房2005-02 2011/11/28読了。 ◆「第4話 恐怖の超猿人(承前)」……おぉ、馬子の正体ってもしかして……スゴッ!田中啓文。そしてヒバゴンならぬヒダゴンの正体も恐るべし!ヒバゴン、ヒダゴ…

読了本ストッカー『UMAハンター馬子完全版①』

UMAハンター馬子―完全版〈1〉 (ハヤカワ文庫JA) [文庫]田中 啓文早川書房2005-012011/11/24読了。 UMA伝奇(?)として名高いシリーズの第1巻です。 ◆「第1話 湖の秘密」……登場するUMAは、UMAの中のUMA、あのネッシー、じゃなくリュッシー! 東北の龍鳴湖に…

読了本ストッカー『鮎川哲也読本』

鮎川哲也読本 [単行本]芦辺 拓原書房1998-082011/11/19読了。 斯くして私共現実派愛好者の飢餓状態は相も変らず続いていくのだ。おい!一体何うして呉れるんだ。俺たちは栄養失調で死にかかっているのだぞ! 若しそれがクロフツの亜流だのブッシュのエピゴー…

読了本ストッカー『黒と茶の幻想㊦』

黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫) [文庫]恩田 陸講談社2006-04-142011/11/18読了。

読了本ストッカー『黒と茶の幻想㊤』

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫) [文庫]恩田 陸講談社2006-04-142011/11/16読了。

読了本ストッカー『フィーヴァードリーム㊦』

フィーヴァードリーム〈下〉 (創元ノヴェルズ) [文庫]ジョージ・R・R・マーティン東京創元社1990-102011/11/14読了。 フィーヴァードリーム号に懸ける想いを媒介にして、アブナー・マーシュとジョシュア・ヨークの間には、種族を超えた友情(のようなもの)…

読了本ストッカー『完全版#池澤夏樹の世界文学リミックス』

完全版 池澤夏樹の世界文学リミックス [単行本]池澤 夏樹河出書房新社2011-04-16 2011/11/13読了。 海外文学の目利き、池澤夏樹氏によるブックガイドです。氏の編纂による『世界文学全集』をもとに、その周辺書も併せて紹介するもの。新聞連載のようですね。…

読了本ストッカー『フィーヴァードリーム㊤』

フィーヴァードリーム〈上〉 (創元ノヴェルズ) [文庫]ジョージ・R・R・マーティン東京創元社1990-10 2011/11/9読了。 裏表紙の解説にばっちり書かれているし、超メジャー作品なので言ってしまいますが……『呪われた町』に続いて吸血鬼小説です。この文庫解説…

読了本ストッカー『新世紀未来科学』

新世紀未来科学 [単行本]金子 隆一八幡書店2001-02 2011/11/6読了。 SFに登場する科学技術をジャンル別に区分けし、解説を加えていく好著。 最近、類書の『ゲームシナリオのためのSF事典 知っておきたい科学技術 宇宙 お約束110』ってやつを立ち読みしたので…

読了本ストッカー『剣と花㊦』

剣と花 (下) (講談社文庫) [文庫]立原 正秋講談社1978-09 2011/11/4読了。 淀野房江(幹次郎の見合い相手) 名取義孝(佐倉の門人) 石津武一郎 清子(武一郎の妻病没) 長男・信一郎(石津産業社長) 由美子(信一郎の妻) 野川健一(由美子の愛人) 信広(…

読了本ストッカー『剣と花㊤』

剣と花 上 (講談社文庫 た 3-4) [文庫]立原 正秋講談社1978-09 2011/11/2読了。 初・立原正秋作品です。 石津武一郎 清子(武一郎の妻病没) 長男・信一郎(石津産業社長) 由美子(信一郎の妻) 野川健一(由美子の愛人) 信広(信一郎の長男) 信定(信一…

読了本ストッカー『FUTON』

FUTON (講談社文庫) [文庫]中島 京子講談社2007-04-132011/10/31読了。 突然『蒲団』なんかを読んだのは、このためでした。初・中島京子作品。 読みはじめてすぐに……お、面白いと直観! 東京の下町・鶉町で蕎麦屋を営んでいたウメキチ95歳。その息子で蕎麦屋…

読了本ストッカー『蒲団・重右衛門の最後』

蒲団・重右衛門の最後蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫) [文庫]田山 花袋新潮社1952-03-182011/10/26読了。 「蒲団」「重右衛門の最後」の二短編を収録した短編集です。 紅野敏郎氏の手による注解が……なんだか面白い。「この作品の終末の部分の伏線とみられる…

読了本ストッカー『ダンスする文学#いま読める小説ガイドの最先端』

ダンスする文学―いま読める小説ガイドの最先端 (読書の冒険シリーズ) [ハードカバー]風間 賢二自由國民社1993-052011/10/24読了。 ぼくは、基本的に文学は知的ゲームの一種──遊びだと思っている。したがって、遊ぶなら面白くて楽しいものほどよいわけで、わ…

読了本ストッカー『呪われた町㊦』

呪われた町 (下) (集英社文庫) [文庫]スティーヴン・キング集英社1983-06 2011/10/18読了。 いよいよ本書の対吸血鬼部隊が姿を現します。 若き文士ベンジャミン・ミアーズ、たったひとりで吸血鬼を二度も撃退した少年マーク・ペトリー、医者のジミー・コディ…

読了本ストッカー『八本脚の蝶』

八本脚の蝶 [単行本]二階堂 奥歯ポプラ社2006-012011/10/17読了。 人形も好きだし、クトゥルーも好きだし、しかしそれを自分に引き付けて捉えることができない……自分が健全で低脳でつまらなく感じてしまう危険な書。 とても才能のあるかただったんだろうけど…

読了本ストッカー『呪われた町㊤』

呪われた町 (上) (集英社文庫) [文庫]スティーヴン・キング集英社1983-052011/10/12読了。 もしかすると、初スティーヴン・キングかも(汗)。 有名どころと短編集は読んでみようと思っているんですが。先に『死の舞踏』を読んでしまいました。 吸血鬼テーマを…

読了本ストッカー『彷徨える帝㊦』

彷徨える帝〈下〉 (角川文庫) [文庫]安部 龍太郎角川書店2005-022011/10/6読了。 の三つの能面の争奪戦もいよいよ後半戦。 人間関係、能面の移動とも、多少こんがらがりますが……まあ『柳生武芸帳』ほどではありません(笑)。一覧表にしなくても、追える程度で…

読了本ストッカー『彷徨える帝㊤』

彷徨える帝〈上〉 (角川文庫) [文庫]安部 龍太郎角川書店2005-02 2011/10/5読了。 初・安部龍太郎氏作品です。 『関ヶ原連判状』など伝奇時代小説が有名ですね(読んでないけど)。 時代は室町幕府六代将軍足利義教の治世。 長年対立をしてきた鎌倉公方足利…

読了本ストッカー『幻視者のリアル#幻想ミステリの世界観』

幻視者のリアル (幻想ミステリの世界観) (キイ・ライブラリー) [単行本]千街 晶之東京創元社2011-03-24 2011/10/4読了。 千街晶之氏の著作は、『怪奇幻想ミステリ150選』を読了しています。本書はその姉妹編にあたるとのこと。『怪奇幻想ミステリ150選』と比…

読了本ストッカー『六本指のゴルトベルク』

六本指のゴルトベルク [単行本]青柳 いづみこ岩波書店2009-02-24 2011/9/30読了。 以前読んだ『聴覚刺激小説案内』が、意外とブックガイドらしくないのに対し、本書は当たりでした! 著者の青柳氏がミステリ好きそうなのもポイント高し。 『モノ書きピアニス…

読了本ストッカー『時代小説作家ベスト101』

時代小説作家ベスト101 (ハンドブック・シリーズ) [単行本]新書館2002-09-01 2011/9/28読了。 ではなくを項目にたてたブックガイドです。 登場作家は生年順の並びなので、時代の流れもなんとなく見えます。 『興津弥五右衛門の遺書』 森鴎外 『阿部一族』 森…

読了本ストッカー『兇天使㊦』

兇天使〈下〉 (ハヤカワ文庫JA) [文庫]野阿 梓早川書房1986-06 2011/9/27読了。 『ハムレット』の世界で話が進むと思いきや、シェイクスピアの登場! ということは、話の大きな流れは三つですな。 アフロディト>の子どもを殺害し、時空を超えた謎の逃亡を続…

読了本ストッカー『サイエンス・イマジネーションサイエンス・イマジネーション#科学とSFの最前線、そして未来へ』

サイエンス・イマジネーション 科学とSFの最前線、そして未来へ [ハードカバー]瀬名 秀明エヌティティ出版2008-08-25 2011/9/25読了。

読了本ストッカー『兇天使㊤』

兇天使 (上) ハヤカワ文庫JA [文庫]野阿 梓早川書房1986-06 2011/9/15読了。 入手した版は以前のもの。萩尾望都イラストのものです。口絵は、革ジャンを纏い、大型バイクにまたがる金髪のセラフィム。まさに萩尾世界(笑)。『夜と昼』と『スターレッド』が混…

読了本ストッカー『死の舞踏#ホラー・キングの恐怖読本』

死の舞踏―ホラー・キングの恐怖読本 [単行本]スティーヴン キングバジリコ2004-04 2011/9/9読了。 ぶ、分厚い……。 キングのホラー小説作法がぎっしり詰まった一冊。 ただし、かろうじて定義もしくは論理といえるものがあるとしたら、ホラーを成立させる感情…

読了本ストッカー『純粋理性批判殺人事件㊦』

純粋理性批判殺人事件〈下〉 (角川文庫) [文庫]マイケル グレゴリオ角川書店2006-08 2011/9/2読了。 まるでカントがレクター教授のようですね~。 ただし悪の深淵を垣間見たことがあるのは、弟子であるシュティフェニースってとこが入れ子か? 記述師は、カ…

読了本ストッカー『純粋理性批判殺人事件㊤』

純粋理性批判殺人事件〈上〉 (角川文庫) [文庫]マイケル グレゴリオ角川書店2006-08 2011/8/29読了。 時は19世紀、1804年プロイセン。 ロッティンゲンの判事として働くハノ・シュティフェニースは、中心都市ケーニヒスベルクで起こった連続殺人事件を解決す…

読了本ストッカー『解放されたSF#SF連続講演集』

解放されたSF―SF連続講演集 (KEY LIBRARY) [単行本]東京創元社1981-01 2011/8/26読了。 荻原規子氏の『ファンタジーのDNA』で知った本書。以下の評論・講演が収録されています。基本的には1975年にロンドンで行われた連続講演をまとめたもの。 「SFとミセス…

読了本ストッカー『ロミオとロミオは永遠に㊦』

ロミオとロミオは永遠に〈下〉 (ハヤカワ文庫JA) [文庫]恩田 陸早川書房2006-07 2011/8/12読了。

読了本ストッカー『乱視読者の冒険』

乱視読者の冒険―奇妙キテレツ現代文学ランドク講座 (読書の冒険シリーズ) [単行本]若島 正自由國民社1993-08 2011/8/11読了。 『「ブラウン神父」ブック』 井上ひさし/編 『ダンスする文学』 風間賢二 自由国民社 『ミランダ殺し』 マーガレット・ミラー 東…

読了本ストッカー『ロミオとロミオは永遠に㊤』

ロミオとロミオは永遠に〈上〉 (ハヤカワ文庫JA) [文庫]恩田 陸早川書房2006-07 2011/8/10読了。

読了本ストッカー『ジョン・ランプリエールの辞書㊦』

ジョン・ランプリエールの辞書 (下) (創元推理文庫) [文庫]ローレンス・ノーフォーク東京創元社2006-05-272011/8/8読了。

読了本ストッカー『小説家の帰還 古井由吉対談集』

小説家の帰還―古井由吉対談集 [単行本]古井 由吉講談社1993-12 2011/8/3読了。 江藤淳、吉本隆明、平出隆、松浦寿輝、養老孟司、大江健三郎、各氏との対談集です。 なんと古井由吉氏の作品は読んだことがありません。大学のとき、今は亡き『STUDIOvoice』の…

読了本ストッカー『SF本の雑誌』

SF本の雑誌 (別冊本の雑誌 15) [単行本(ソフトカバー)]本の雑誌編集部本の雑誌社2009-07-02 2011/8/2読了。 一部で伝説の「クズSF事件」も掲載されている別冊。 しかし、SFってのはずいぶん昔から売れないとかやってるんですね。 SFはジャンルではなくメデ…

読了本ストッカー『ホラー・ジャパネスクを語る』

ホラー・ジャパネスクを語る [単行本]岩井 志麻子双葉社2003-05 2011/8/1読了。 宮部みゆき、津原泰水、岩井志麻子、福澤徹三、加門七海、京極夏彦各氏へのインタビュー集。 『ホラーを書く!』『ホラー小説時評』は読んだが、姉妹編だったらしい。 京極夏彦…

読了本ストッカー『論理の蜘蛛の巣の中で』

論理の蜘蛛の巣の中で [単行本]巽 昌章講談社2006-10-13 2011/7/27読了。 巽昌章氏も、瀬戸川猛資氏も、良く見かける名前ですが、実はどういう立ち位置にいる人々なのか、存じ上げないのです……。 記述師は、どうやら顔写真なんかで認識するようで、書評や評…

読了本ストッカー『ジョン・ランプリエールの辞書㊤』

ジョン・ランプリエールの辞書 (上) (創元推理文庫) [文庫]ローレンス・ノーフォーク東京創元社2006-05-27 2011/7/15読了。 ジョン・ランプリエールは、ジャージー島に住む本好きの青年にして古典学者。 ジョンは自分が読んだ本の通りに物事が実現していると…

読了本ストッカー『夜明けの睡魔』

夜明けの睡魔―海外ミステリの新しい波 [単行本]瀬戸川 猛資早川書房1987-10 2011/7/22読了。 『消されかけた男』 『別れを告げに来た男』 『再び消されかけた男』 『呼びだされた男』 『罠にかけられた男』 フリーマントル 新潮社 新潮文庫 『A型の女』 『死…

読了本ストッカー『フーコーの振り子㊦』

フーコーの振り子〈下〉 (文春文庫) [文庫]ウンベルト エーコ文藝春秋1999-06 2011/7/8読了。 すさまじい博識!もう全然ついていけません……。 『ダ・ヴィンチ・コード』なんて底が浅いと思って読んでませんが、記述師のような浅学な人間にはその辺がお似合い…

読了本ストッカー『冒険小説ベスト100』

冒険小説ベスト100 [単行本]北上 次郎本の雑誌社1994-12 2011/7/7読了。 ハードボイルド、なんて聞いてもちっとも血沸かない肉踊らない70年代生まれながら草食系男子のはしりの記述師にとって、はまったく縁のないジャンルなのですが、ちょっと冒険してみま…

読了本ストッカー『現代ミステリー・スタンダード』

現代ミステリー・スタンダード [単行本]扶桑社1997-11 2011/7/6読了。 ギャー!あんまり期待していなかっただけに、嬉しい悲鳴(笑)。 盛りだくさんのブックガイドでした。 年代的には、70年代後半から今年までの約20年間に翻訳されたまさに“現代”、そしてジ…

今季の<活字倶楽部>。

活字倶楽部 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌]雑草社2011-01-25 『ファンタジーが生まれるとき#「魔女の宅急便」とわたし』 角野栄子 岩波書店 岩波ジュニア新書 『狩人は都を駆ける』 我孫子武丸 文藝春秋 文春文庫 『鬼女の都』 菅浩江 祥伝社 祥伝社文庫 『古…