読了本ストッカー2008

読了本ストッカー:図像学ミステリ……『殉教カテリナ車輪』

殉教カテリナ車輪 (創元推理文庫)著者:飛鳥部 勝則販売元:東京創元社発売日:2001-07 2008/12/25読了。 2008年ラストの読了本は本書でした。第9回鮎川哲也賞受賞作品です。 飛鳥部勝則氏作品は初ですね。美術館の学芸員矢部直樹は、妻に似た女性の絵を描…

読了本ストッカー:ミステリか?世界文学か?……『予告された殺人の記録』

予告された殺人の記録 (新潮文庫)著者:G. ガルシア=マルケス販売元:新潮社発売日:1997-11 2008/12/22読了。 ガルシア=マルケス作品は、『族長の秋』に次いで2冊目。改行もなく、かぎかっこもなかった『族長の秋』に比べればむちゃくちゃ読みやすいです。 …

読了本ストッカー:高野氏、ワ州に潜入す。……『アヘン王国潜入記』

アヘン王国潜入記 (集英社文庫)著者:高野 秀行販売元:集英社発売日:2007-03 2008/12/18読了。 高野秀行氏の著作は、『怪獣ムベンベを追え!』『ワセダ三畳青春記』『ミャンマーの柳生一族』に次いで4作目。 読んでいる順番が年代順でないのですが(別にそ…

読了本ストッカー:しょぼい戦国版『帝都物語』……『家康入神伝 江戸魔道幻譚』

家康入神伝―江戸魔道幻譚 (ハルキ・ホラー文庫)著者:橋本 純販売元:角川春樹事務所発売日:2000-08 2008/12/12読了。 確か同じハルキ・ホラー文庫の朝松健氏『魔障』の巻末広告で知った本書。結構期待大で読み始めたのですが……タイトルどおり、なんかしょ…

読了本ストッカー:古典時代伝奇小説……『妖棋伝』

妖棋伝 (春陽文庫)著者:角田 喜久雄販売元:春陽堂書店発売日:1991-09 2008/12/10読了。 三田主水氏の時代伝奇もの専門サイト<主水血笑録>の企画、<入門者向け時代伝奇小説五十選>に、『風雲将棋谷』、『髑髏銭』と共に紹介されていた本書。 角田喜久雄と…

読了本ストッカー:ただ舞台のために……『江戸役者異聞』

江戸役者異聞 (河出文庫)著者:山本 昌代販売元:河出書房新社発売日:1993-07 2008/12/8読了。 記述師的<魔人>、澤村田之助をめぐるお話です。皆川博子氏の『花闇』、北森鴻氏の『狂乱廿四考』に次いで3作品目。 本書の特徴は「何も解明されない」というと…

読了本ストッカー:妄想モリミー再臨!……『四畳半神話大系』

四畳半神話大系 (角川文庫)著者:森見 登美彦販売元:角川書店発売日:2008-03-25 2008/12/5読了。 『太陽の塔』に比べると、ファンタジー濃度が若干弱まっていますが(そうか?)、記述師的にはかなりオモロいです。「新入生のとき、別のあのサークルに入っ…

読了本ストッカー:国産ハードハードハードSF……『ウロボロスの波動』

ウロボロスの波動 (ハヤカワ文庫 JA)著者:林 譲治販売元:早川書房発売日:2005-09-22 2008/12/4読了。 林譲治氏の作品は『記憶汚染』『侵略者の平和』『暗黒太陽の目覚め』『大赤斑追撃』を読んでいます。結構読んでるな……。特に『侵略者の平和』や『暗黒…

読了本ストッカー:短編もどんでんがえし!……『クリスマス・プレゼント』

クリスマス・プレゼント (文春文庫)著者:ジェフリー ディーヴァー販売元:文藝春秋発売日:2005-122008/11/29読了。 <リンカーン・ライム>シリーズを沢山読んだ気でいましたが、調べてみるとたった4冊(上下巻ですから、作品数としては2作品)!そ、そんな…

読了本ストッカー:<孔雀王>vs<サイコダイバー>vs<探偵ガリレオ>……『三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル』

三人のゴーストハンター―国枝特殊警備ファイル (集英社文庫)著者:我孫子 武丸/ 田中啓文 / 牧野修販売元:集英社発売日:2003-09 2008/11/21読了。 出張先のブックオフでようやく発見し購入。これだから地方のブックオフは気が抜けない(笑)。 国枝特殊警…

読了本ストッカー:傑作恋愛小説……『ツ、イ、ラ、ク』

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)著者:姫野 カオルコ販売元:角川書店発売日:2007-02おすすめ度:クチコミを見る2008/11/14読了。 こ、これはすごい……絶句の恋愛小説です! 記述師の姫野作品履歴は『変奏曲 (角川文庫)』くらいで止まっていまして、最近は若干エ…

読了本ストッカー:テロか?偶然か?……『Q&A』

Q&amp;A (幻冬舎文庫)著者:恩田 陸販売元:幻冬舎発売日:2007-04おすすめ度:クチコミを見る 2008/11/9 読了。 郊外型巨大ショッピングセンターで突如パニックが起き、多くの死傷者がでます。パニックに巻き込まれた者、家族が巻き込まれた者、外からみて…

読了本ストッカー:明石散人の自由な伝奇……『鳥玄坊 ゼロから零へ』

鳥玄坊―ゼロから零へ (講談社文庫)著者:明石 散人販売元:講談社発売日:2002-09おすすめ度:クチコミを見る 2008/11/6読了。 『鳥玄坊〈1〉根源の謎 (講談社文庫)』『鳥玄坊―時間の裏側 (講談社文庫)』に続く<鳥玄坊三部作>の最終巻です。 このシリーズは…

読了本ストッカー:決して、絶対に、何も言わなかった。わからない……『血族』

血族 (文春文庫 や 3-4) 山口瞳文春文庫 2008/11/4読了。 山口瞳氏は初挑戦。『江分利満氏の優雅な生活 (新潮文庫)』は、タイトルだけは聞いたことあったけど、山口氏作品なんですねぇ。『文庫王国2007』で桜庭一樹氏が次のように書いていたので知りました。…

読了本ストッカー:取り急ぎ購入……『工作少年の日々』

工作少年の日々 (集英社文庫 も 24-2) 森博嗣集英社文庫 2008/10/28読了。 さあ、困った!『弥勒』を読むのを諦めたので、出張先で読むものがなくなりました。そこで急遽書店にて、前から読みのがしていた本書を購入。まあ書店に行くのが仕事だしね。 森博嗣…

読了本ストッカー:ジェルジュ・エスケルスふたたび……『雲雀』

雲雀 (文春文庫 さ 32-4) 佐藤亜紀文春文庫2008/10/19読了。 ついにやって参りました!超弩級の傑作『天使』の続編。本書は連作短編集となっています。 ◆「王国」 ・・・オーストリア軍に所属し、前線で働くオットーとカールのメニッヒ兄弟は<感覚>の持ち主…

読了本ストッカー:純文学とSFとファンタジーの狭間で……『天使』

天使 (文春文庫) 佐藤亜紀文春文庫2008/10/17再読了。 実は、続編の『雲雀』を読み始めたのですが、どうやら『天使』の内容を思い出したほうが楽しく読めると思い、再読しました。何度読んでも読み応えのある作品です。『バルタザールの遍歴 (文春文庫)』は…

読了本ストッカー:直球青春巨篇……『黄色い目の魚』

黄色い目の魚 (新潮文庫) 佐藤多佳子新潮文庫2008/10/8読了。 佐藤多佳子氏作品は初めてです。<ダ・ヴィンチ>なんかでよく見かけていたので、読んでみました。 村田みのりはイラストレーターの叔父を持つ高校生。木島はサッカー部に所属する高校生。木島は、…

読了本ストッカー:みんなの妄想……『太陽の塔』

太陽の塔 (新潮文庫) 森見登美彦新潮文庫2008/10/7読了。 全国の書店員のアイドル(?)モリミーを初読了です。 もうどこをどうツッコんでいいものやら・・・妄想に身を委ねるベキか・・・ウムウム。 それにしても京大ってところはこんな人ばっかりなのか。…

読了本ストッカー:「自分の、あなたの、居場所の位置を示すインジケータ」……『川の名前』

川の名前 (ハヤカワ文庫JA) 川端裕人ハヤカワ文庫2008/10/6読了。 川端氏の著作は、『夏のロケット』『The S.O.U.P』に続いて3冊目。案外読んでないなあ。全作読もうと思っているのですけど。 菊野脩は、自然写真家を父にもち、世界中を旅して暮らしてきた、…

読了本ストッカー:怪獣版デウス・エクス・マキナ……『笑う怪獣 ミステリ劇場』

笑う怪獣ミステリ劇場 (新潮文庫 に 18-1) 西澤保彦 新潮文庫 2008/10/3読了。 人格が入れ替わる機械とか、触れるとコピー人間ができちゃう壁とか、SFチック(あくまでもチック)な作品を連発する西澤保彦氏。本書ではついに(?)怪獣が出てきます。『大密…

読了本ストッカー:ハッピー藤沢周平……『たそがれ清兵衛』

たそがれ清兵衛 (新潮文庫) 藤沢周平 新潮文庫 2008/10/1読了。 短編集です。物語の基本的なパターンは、<秘剣>シリーズと同様に、藩内に政争が起こり、誰か役に立つ遣い手はおらんか?う~む、そうじゃのう・・・おぉそうそう、○○右衛門という者をご存知か…

読了本ストッカー:思弁的SF……『継ぐのは誰か?』

継ぐのは誰か? (ハルキ文庫) 小松左京 ハルキ文庫 2008/9/25読了。 記述師がSFを意識して読んだのはハルキ文庫版の『果しなき流れの果に (ハルキ文庫)』でした。調べてみると1997年の発売ですから11年前。あれ?計算が合わないなあ。高校生のときに、地元の…

読了本ストッカー:ひとりっ子のための(?)サイコロゲームメタファンタジー……『ユニヴァーサル野球協会』

ユニヴァーサル野球協会 (新潮文庫) ロバート・クーヴァー 新潮文庫 2008/9/22読了。 本書を知ったのは『翻訳文学ブックカフェ』 。本書の訳者、越川芳明氏が<まああれは野球小説というよりも、野球が世界創造のメタファーとして使われているだけなんだけど…

読了本ストッカー:妄想に次ぐ妄想……『乙女なげやり』

乙女なげやり (新潮文庫 み 34-7) 三浦しをん 新潮文庫 2008/9/15読了。 またまた新刊で購入。相変わらず妄想三昧な三浦しをん氏。大西巨人氏の『三位一体の殺人』を読んで影響され、大西巨人風文体で自らの轢かれ逃げられ事件を語る(妄想する)回とかニヤ…

読了本ストッカー:歴史界の北村薫……『風よ、万里を翔けよ』

風よ、万里を翔けよ (中公文庫) 田中芳樹 中公文庫 2008/9/12読了。 ディズニーでも『ムーラン』として映画化された、花木蘭を主人公とした小説。花木蘭自身は伝説上の人物らしいですし、伝奇小説と言えるかなとも思っていたのですが、隋代自体が俯瞰で捉え…

読了本ストッカー:「ある日、神の子たちが神の前に現れ、サタンもその中にいた」……『木曜の男』

木曜の男 (創元推理文庫 101-6) G・K・チェスタトン 創元推理文庫 2008/9/10 読了。 読みにくっ!まるで王様(覚えていますか?)のような直訳(たぶん)だっ! 無政府主義者のふりをすることで、真の無政府主義組織の構成者であることを隠している(笑)ル…

読了本ストッカー:超ダーク藤沢周平……『暗殺の年輪』

暗殺の年輪 (文春文庫 ふ 1-1) 藤沢周平 文春文庫 2008/9/2読了。 「おすすめ文庫王国2007」にて、高野秀行氏が「偏愛ベスト10 藤沢周平」ベスト短編集として挙げていた一冊。営業中に、駅前の小さな古本屋の均一棚で見つけました。 ◆「黒い縄」 ・・・姑と…

読了本ストッカー:犀川助教授復活!(準じゃないのね)……『τになるまで待って』

τになるまで待って (講談社文庫 も 28-36) 森博嗣 講談社文庫 2008/8/28読了。 新刊書店にて購入です。Gシリーズ3作目。 今回は自称超能力者の館で起こった殺人事件に、ご存知、探偵赤柳初朗とC大生ズ三人衆が挑みます。 超能力者の館なのに超能力をまったく…

読了本ストッカー:メタメタミステリ……『コミケ殺人事件』

コミケ殺人事件 (ハルキ文庫) 小森健太朗 ハルキ文庫 2008/8/26読了。 小森健太朗氏と言えば『ローウェル城の密室 (ハルキ文庫)』。その超絶トリックにドギモを抜かれたのを思い出します・・・。そのあとは、『バビロン 空中庭園の殺人―古代文明ミステリーフ…

読了本ストッカー:妄想の日々再び……『夢のような幸福』

夢のような幸福 (新潮文庫 み 34-6) 三浦しをん 新潮文庫 2008/8/24読了。 今月の文庫新刊情報で、三浦しをん氏のエッセイ集『乙女なげやり』の書名を発見。おぉ、買わねばのう。何気に書店の文庫コーナーを見ていて、はたと気づく・・・あれ? 『夢のような…

読了本ストッカー:『蟹工船』よりこっちを読んで楽しくなろう!……『ボートの三人男』

ボートの三人男 (中公文庫) ジェローム・K・ジェローム 中公文庫 2008/8/21読了。 『犬は勘定に入れません…あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎』とか、ラヴゼイの『絞首台までご一緒に (ハヤカワ・ミステリ文庫)』とか、本書を本ネタにした作品が多数あ…

読了本ストッカー:タイトルも素敵……『象られた力』

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA) 飛浩隆 ハヤカワ文庫 2008/8/12読了。 『グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)』の発売で初めて知った飛浩隆氏。やはり入門編としては短篇集でしょう、ということで(偶然見つけただけだけれど)…

読了本ストッカー:記述師的ファンタジーの最高峰……『黎明の王 白昼の女王』

黎明の王 白昼の女王 (ハヤカワ文庫FT) イアン・マクドナルド ハヤカワ文庫 2008/8/5読了。 読みはじめたとたん、これ、すごいの読んじゃったな・・・とわかる凄まじい出来。むちゃくちゃ記述師のストライクゾーンです。 第一部は、複数の人物の日記や書簡の…

読了本ストッカー:コリン・ウィルソン版『脳男』……『賢者の石』

賢者の石 (創元推理文庫 641-1) コリン・ウィルソン 創元推理文庫 2008/7/25読了。 わたくし、<クトゥルー神話>ものは、原典をすべて読んでからに読むことにしようと思っていまして、『邪神帝国 (ハヤカワ文庫JA)』とか『妖神グルメ』とか『崑央の女王』とか…

読了本ストッカー:ああ勘違い……『事故係 生稲昇太の多感』

事故係 生稲昇太の多感 (講談社文庫) 首藤瓜於 講談社文庫 2008/7/10読了。 首藤瓜於と言えば『脳男 (講談社文庫)』、『脳男』といえば首藤瓜於。それくらい衝撃的でした、『脳男』。 続く第2作ということで期待大で読み始めると・・・ん?こんな話?警察の…

読了本ストッカー:言語SFか?幻想SFか?……『幻詩狩り』

幻詩狩り (中公文庫) 川又千秋 中公文庫 2008/7/9読了。 大森望氏の『現代SF1500冊』で知った(たぶん)本書。最近創元SF文庫より復刊されていますが、記述師が読んだのは中公文庫版。 日本SFの王道(?)幻想言語SFです。1964年代に、フー・メイなる詩人に…

読了本ストッカー:養老孟司の万物理論……『脳の見方』

脳の見方 (ちくま文庫) 養老孟司 ちくま文庫 2008/7/7読了。 <初期>(あえてかっこつき)の<ダ・ヴィンチ>で知ったはず。『涼しい脳味噌 (文春文庫)』『続・涼しい脳味噌 (文春文庫)』は読んだのですが(覚えてないけど)本書は積ん読でした・・・。実は『唯…

読了本ストッカー:自分の中の<こども>と、そして現実のこどもと向きあう本……『氷の海のガレオン/オルタ』

氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫) 木地雅映子 ピュアフル文庫 2008/7/1読了。 新刊『悦楽の園』の出版時、<ダ・ヴィンチ>で紹介されていて、知りました。なんだか面白そうだったため購入。 表題作「氷の海のガレオン」の主人公は、<自分を天才だと…

読了本ストッカー:<魔人>澤村田之助……『狂乱廿四孝』

狂乱廿四孝 (角川文庫) 北森鴻 角川文庫 2008/7/1読了。 第六回鮎川哲也賞受賞作品にして、北森鴻氏のデビュー作です。脱疽のため、四肢切断の憂き目にあう、三世澤村田之助を中心とする、明治初期の歌舞伎界を描いたミステリ。 澤村田之助といえば皆川博子…

読了本ストッカー:<後退理論>に魂消ろ!……『禅<ゼン・ガン>銃』

禅銃(ゼンガン) (ハヤカワ文庫 SF (579)) バリントン・J・ベイリー ハヤカワ文庫 2008/6/27読了。 ベイリーの著作は『時間衝突 (創元推理文庫)』を読んだのみ。傑作と名高い『カエアンの聖衣 (ハヤカワ文庫 SF 512)』も読みたいのですが、見つかんないので本…

読了本ストッカー:SFスプラッタ……『複製症候群』

複製症候群 (講談社文庫) 西澤保彦 講談社文庫 2008/6/25読了。 『ディアスポラ』はクローンなんて屁とも思わない感じ(言いすぎ)でしたが、本書ではアイデンティティ崩壊の危機が連発です。 西澤保彦氏のSFミステリは『七回死んだ男 (講談社文庫)』『人格…

読了本ストッカー:物理勉強しないと。……『ディアスポラ』

ディアスポラ (ハヤカワ文庫 SF) グレッグ・イーガン ハヤカワ文庫 2008/6/24読了。 いや~難解だ!さすが現代SFの極北・・・。 イーガンは『宇宙消失 (創元SF文庫)』『しあわせの理由』に続いて3作目。刊行順に『順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)』『万物理…

読了本ストッカー:あっさり風味の隆伝奇……『駆込寺蔭始末』

駆込寺蔭始末 (光文社時代小説文庫) 隆慶一郎 光文社文庫 2008/6/10読了。 隆慶一郎氏の連作短編集です。 < 縁切寺>として名高い松岡山東慶寺。江戸時代の女性たちのアジールとして隠然たる力をもつこの寺の住持、玉渕尼の用心棒、<麿>の活躍を描きます。 <…

読了本ストッカー:マジカルな暴君のマジカルな治世……『族長の秋』

族長の秋 (集英社文庫) ガブリエル・ガルシア=マルケス 集英社文庫 2008/6/9読了。 ずーっと昔に買って積んだままの『百年の孤独』も読まないといけないのですが・・・先にこっち。『族長の秋 他6篇』ではなくて文庫版です。 解説によるとJ・モルマル『アマ…

読了本ストッカー:電車内読者は厳禁!……『ワセダ三畳青春記』

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫) 高野秀行 集英社文庫 2008/5/28読了。 『ミャンマーの柳生一族』が面白かったので、またまた『族長の秋』はほっぽいといて、続けて高野秀行氏作品。こんなにハマったのも久々だなぁ。 高野氏が棲んでいた(まさに<棲>という字…

読了本ストッカー:「柳生、仕事すべし!」……『ミャンマーの柳生一族』

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫) 高野秀行 集英社文庫 2008/5/26読了。 営業中にチラッと見た古本屋で発見。200円で入手しました。本当はガルシア=マルケスの『族長の秋』を読んでいたんですが、ちょっと触りを読んだら・・・ヤバい!面白い!止められな…

読了本ストッカー:ホラーとは何か?……『ホラーを書く!』

ホラーを書く! (小学館文庫) インタビュー/東雅夫 小学館文庫 2008/5/21読了。 ホラー評論家として活躍する東雅夫氏による、ホラー小説作家インタビュー集です。その人選の法則は「ホラー作家と呼ばれることを嫌がる連中にはインタビューしてやんない!」と…

読了本ストッカー:それいけ早稲田探検隊!……『幻獣ムベンベを追え!』

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫) 高野秀行 集英社文庫 2008/5/20読了。 エンタメノンフのさきがけ(?)。高野氏の作品は初挑戦。 ムムム・・・これ、なんで今まで読まなかったんだろうなぁ・・・おもろい。 高野氏率いる早稲田大学探検部は、コンゴの奥地…

読了本ストッカー:グルメ版マクロス(嘘)……『妖神グルメ』

妖神グルメ (ソノラマ文庫 (278)) 菊地秀行 ソノラマ文庫 2008/5/19読了。 菊地秀行氏によるクトゥルー神話大系異色作。クトゥルーの胃袋を満足させるために選ばれた、天才イカモノ料理家を巡るストーリーです。 これでもかこれでもかと、邪神を満足されるた…