山岳/冒険/地理/旅/世界

読了本ストッカー:甘やかな帰属意識にとらわれず……『ぐるりのこと』

ぐるりのこと (新潮文庫) [文庫]梨木 香歩新潮社2007-06-282014/3/27読了。 旅に出かける、というのはその現実的な諸手続きの煩雑さと共に、私にとっては実に気の重いものである。たとえ人混みにあってもそこで行き交う言葉は母語ではないので、いつも「自分…

読了本ストッカー:「硬質」なエッセイ集……『春になったら莓を摘みに』

春になったら苺を摘みに (新潮文庫) [文庫]梨木 香歩新潮社2006-02-28 2012/8/31読了。 『西の魔女が死んだ』くらいしか読んでない、誉められた読者ではないわたくしですが、エッセイを読んでみました。 まさに「硬質」なエッセイ集。日本でないからなのか、…

読了本ストッカー『古地図に魅せられた男』

古地図に魅せられた男 (文春文庫) [文庫]マイルズ ハーベイ文藝春秋2001-10 2011/1/31読了。 裏表紙の解説を引くと…… 1996年1月、南フロリダのさえない古地図店主がFBIに逮捕される。彼はアメリカ史上最悪の地図泥棒だった……。幼い頃から地図好きの著者は、…

読了本ストッカー:『南方に死す』

南方に死す (荒俣宏コレクション) (集英社文庫)著者:荒俣 宏販売元:集英社(1994-08-19) 2010/4/2読了。 そのほとんどは書き下ろしではなく、雑誌に掲載されたもの。したがって何度も同じ記述がでてきたりするので若干読みにくい……。南方に関する資料的読み…

読了本ストッカー『黄金伝説』

黄金伝説 (荒俣宏コレクション) (集英社文庫―荒俣宏コレクション)著者:荒俣 宏販売元:集英社(1994-05-20) 2010/3/23読了。 「荒俣宏コレクション」をちらっと読んでみました。曰く「産業考古学」の書籍(笑)。 ほんと、すごい博識です・・・・・・。

読了本ストッカー『怪魚ウモッカ格闘記インドへの道』

怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)著者:高野 秀行集英社(2007-09-20)2009/8/25読了。高野氏の本は、あまり刊行順にこだわることなく、発掘順に読んでいます。本書はインドのウモッカタウン(仮称)で目撃されたUMA<ウモッカ>を探す旅です。しか…

読了本ストッカー:高野氏、ワ州に潜入す。……『アヘン王国潜入記』

アヘン王国潜入記 (集英社文庫)著者:高野 秀行販売元:集英社発売日:2007-03 2008/12/18読了。 高野秀行氏の著作は、『怪獣ムベンベを追え!』『ワセダ三畳青春記』『ミャンマーの柳生一族』に次いで4作目。 読んでいる順番が年代順でないのですが(別にそ…

読了本ストッカー:「柳生、仕事すべし!」……『ミャンマーの柳生一族』

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫) 高野秀行 集英社文庫 2008/5/26読了。 営業中にチラッと見た古本屋で発見。200円で入手しました。本当はガルシア=マルケスの『族長の秋』を読んでいたんですが、ちょっと触りを読んだら・・・ヤバい!面白い!止められな…

読了本ストッカー:それいけ早稲田探検隊!……『幻獣ムベンベを追え!』

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫) 高野秀行 集英社文庫 2008/5/20読了。 エンタメノンフのさきがけ(?)。高野氏の作品は初挑戦。 ムムム・・・これ、なんで今まで読まなかったんだろうなぁ・・・おもろい。 高野氏率いる早稲田大学探検部は、コンゴの奥地…

読了本ストッカー:「努力し、探索し、発見し、しかして屈するところなく」……『世界最悪の旅』

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO) チェリー・ガラード 中公文庫BIBLIO 2008/4/23読了。 本書を知ったのは『200X年文学の旅』で。T・R・ピアソンの未邦訳作品『極地』の紹介文章でした。その後大阪への出張中に、ホテルへの帰り道にあった、…