『記述師文庫堂』について

【記述師文庫堂について】〈記述師文庫堂〉とは何か?

版元営業マンの「記述師」が、読了本を順々に掲載しています。 最新記事は、ひとつ下のエントリからです。 【記述師文庫堂について】はコチラ↓ 最初は版元営業ネタでいくブログにしようかとも思ったのですが、哀しいかな、顔出しの勇気のないチキン営業マン…

本棚計画。ver.2011

本棚、と言えばこの本を挙げないわけにはいきません。清く正しい本棚の作り方 [単行本](TT)戸田プロダクションスタジオタッククリエイティブ2009-11-28今後も、これを上回る本棚作成法の本は出現しないと思われるほどの出来。なんといっても、「二重置きしな…

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして探求書リストを作りしか?⑤メンテナンス

快適な探求書リストを継続するためには、メンテナンスが重要です。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして探求書リストを作りしか④ シート分割

まあとにもかくにも、データクレンジングがひと息ついたところで、探しやすいリストにするために、シートを分割します。

記述師は如何にして探求書リストを作りしか?③著者名並べ替え異聞

ここでエクセル探求書リストのキモ、<並び替え>がうまくできるか実行してみます。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして探求書リストを作りしか?②データクレンジング

これが現行の「探求書リスト」の作り方です。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして探求書リストを作りしか?①

本好きなら必ず(?)作っている<探求書リスト>。これは、これまでの記録です。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして次に読む本を決めしか?

記述師にとって一番大切なことは<次に読む本が何かわからない>ということです。次にこれを読もうと意識的に決めるのではなく、「おぉ!次はこれか!」という驚きが欲しいのです(笑)。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にして読みたい本を見つけしか?

基本的に、記述師の購読しているブックガイド的雑誌は、『ダ・ヴィンチ(メディアファクトリー)』『活字倶楽部(雑草社→新紀元社)』『本の雑誌(本の雑誌社)』の三誌です。

【記述師文庫堂について】記述師は如何にしてカテゴリわけをいたせしか?

本ブログでは、読了本を以下のようにカテゴリ分類しています(2012/2現在)

新規開店しました!

これまでセブン&ワイで営業していた「記述師文庫堂」ですが、この度ブログに移ってまいりました。引き続き、私の読了本を記述していきたいと思います。それに加えて、版元営業や書店のことも書いていけたらと思います。それでは、宜しくお願いします。(2013…